勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

新宿,神楽坂 周辺 勝負ランチ

シロ、のどわ、竹鶴…極稀少! 恍惚のやきとん「鳥茂」。

     
鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目055殿堂メニュー
上シロ
¥コース

鳥茂
新宿


 常連の知人に連れられて憧れの新宿鳥茂」へ! この一等地に二階建ての自社ビルとは贅沢ですね。やきとん以外で儲けようとしない頑固さ。一階は二代目のお弟子さんが切り盛りし、二階は三代目が仕切ります。今夜は二階での宴です。三代目がにこやかに挨拶に来てくれました。

 今夜はメニューにある「おまかせ」とは別の、三代目による本当のおまかせコースです。楽しみだあー!
 厨房には13,4名の店員がひしめいて皆さん威勢よく言葉を発するので、すごく賑やかというより騒がしい店内です。もっと静かでシックなお店かと思ってました…。

 始めに言っておきますが、最初の一杯以外は飲み物は時間がかかるので、グラスの4分の3飲んだら次の飲み物を頼んだ方がいいですね。

「レバー」
 いきなりレバー半生風です。なんてなめらかな肝臓でしょう。先頭打者初球ホームランの衝撃。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目02
鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目03
鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目01

 見て下さい、この繊維を! これが肝臓。これがレバーの繊維です。

「たんもと」
 レバーをちびちびゆっくりいただきたいのに、どんどん串が運ばれて空いたお皿が持っていかれます。
 豚一頭から一つしか採れない「タンもと」! 稀少ですよ。舌の付け根の方はあまり筋肉質ではないので、とんでもなく柔らかいです。タンが舌で溶けるとは。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目04

「上シロ」
 これホントにシロか! どんなにシロが自慢のお店に行ってもこの食感はなかった。フワッと口の中で溶けていきます。これ、湯葉と相違ない食感です。さすが名物、これは知っておかないとダメなやつですね。すげえ!

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目05

「つくね」
 鶏肉、豚肉、牛肉の合わせミンチのつくねです。複雑な味です。しいて言えば牛肉の味が若干強いのかもしれません。この繊細で絶妙なつくねも初めての出会いです。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目06

「はつ刺、がつ刺、コブクロ刺」
 おおお。何だこのコブクロ!まるで胎内の優しさ。そしてハツもソフトな味と食感です。ガツは少し硬めですぐには噛み切れません。たまに脳みそ(ブレンズ)の時もあるようです。
 タレが美味しいですね。玉子も濃い。オレンジに近い黄身。刺し身三姉妹によく合う濃厚なサポートです。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目07
鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目08

お店の方が一品一品説明をしながら提供してくれるのがいいですね。

「シロ塩焼き」
 今度はシロの「よく焼き」です。味はモツなれど湯葉を焼いたのと同じことです。このシロ、一体どこから仕入れているのか…恐るべしシロです。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目09

「軟骨つくね」
 先ほどのつくねに軟骨が混ざったものです。肉も軟骨も美味しいのですが、軟骨が硬くて歯が大変です。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目10

「こめかみ」
 カシラかと思いきやこめかみでした。部位は近いですが。それほどコリコリ感はなく、こめかみというより「肉」ですね。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目11


「ピーマン肉詰め」
 こちらも名物です。元祖との呼び声の高い焼き物です。肉はさっきのつくねと同じにしては肉汁が多い気がします。うーん、これは家では絶対に出せない味だなあ。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目12

「のどわ」
 一頭の豚から一つしか取れない希少部位で、ノドの奥の方の骨つき肉です。これは手でつかんでかぶりついて食べる料理です。柔らかくてコラーゲンも豊富。豚は声以外全て食べられるといいますが、ノドの奥にもこんな美味しい部位があるとは。
 下の写真は、食べ終えた後の骨です。ノドっぽいですよね。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目13
鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目14

 日本酒を二合以上オーダーすると、鉄瓶で持ってきてくれました。鉄瓶の蓋にはしっかりと「鳥茂」の文字が鋳鉄に浮かんでいました。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目16

「豚バラ丼 生山椒かけ」
 高級な豚生姜焼き丼のようです。タレは串焼きのタレだそうです。隠れて見えていませんでしたがご飯が敷かれています。だから、丼。生山椒がいい風味でアクセントです。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目18

「玉子ととろろとおくらとニンニク」
 箸休めにならない主役級の肴です。これは次に来るステーキ丼と合わせると最強だったのでゆっくり食べた方がいいかと思います。

「牛ロース ステーキ丼」
 まるで握りのようです。豪快な漆の器に、タレが滲みたシャリとほぼレアのステーキ。これにさっきのとろろを合わせると…うまーっ!

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目15

「キャビアおむすび 三代目から手渡し」
 手渡しでいただきました。海苔の陰にこぼれそうなキャビア! 一口でえいっ、と。海苔も相当美味しいですよ。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目17

「竹鶴 25 ピュアモルト」
 知人が三代目に耳打ちして、世界的人気で手に入れづらくなったニッカ「竹鶴」の25年をショットでいただきました。おおおお、濃厚でスモーキー! くーーるーーーー! これは飲むためでもありますが、塩アイスにちょっと垂らすと最高なのだそうで。ちょっともったいない…。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目19

「塩アイス 竹鶴がけ」
 で、これです。150,000円は下らない高級ウィスキー「竹鶴25」を少し垂らして…と。なるほど! これは美味い。これって竹鶴だから美味しんでしょうねー。ぜいたくなデザートとなりました。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目20

 これだけ呑んで食べて約10,000円。賑やかな喧騒の森、史上最高のやきとんの楽園といえるでしょう。ちょっとショックを受けました。私も何度か通って大将に顔を覚えてもらおうかしら。
 しかしここはすごい! ごちそうさまでした。

鳥茂_新宿_やきとん_もつ_三代目21

最寄駅 「新宿」南口(新宿区)
衛生感・落ち着き度  7
価格設定の適正度   9
料理の味・誠実度  10
好き度・リピート感 10

鳥茂焼きとん / 新宿駅南新宿駅代々木駅

夜総合点★★★★ 4.9



食べログ グルメブログランキング 08:47 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP


なるほどー。なるほどなるほど、なるほどー。「curry 草枕」

     
curryカリー草枕_新宿三丁目_インドカレー022なすトマトチキン カレー
¥980

curry 草枕
新宿三丁目


 ポカポカ陽気の新宿三丁目。「草枕」に11:30ジャストに到着するとちょうど表示をオープンにするところでした。タイミング完璧。と思ったら、店内はほぼ満席。皆さん開店前から並んでいたんでしょね。

 ぬくもりあるインテリア、優しい接客。微睡んでカレーを待ちます。

curryカリー草枕_新宿三丁目_インドカレー01

「なすトマトチキン カレー」¥980
 プチトマトが見せるところで3つ、茄子スライスが10枚程度入っています。チキンは沈んでいます。トマトは実際には5粒入っていました。
 スープの辛さは3番でお願いしました。どれ。おおっ。想定外のスパイス味。しかし甘さもある。個性ありますね。小麦粉を使わずに、玉ねぎ一個分が一皿に溶かされているそうです。これが甘みとトロみ。オリジナルガラムマサラでの味付け、これが辛み。複雑な味わいです。

 プチトマト、半信半疑で食べてみると、スープによく合っていて美味い。噛むと、プチっと酸味が口の中ではじけ飛びます。なるほどー。茄子も香ばしく焼いてあり、美味しいです。それぞれが合う合う合う、阿吽の呼吸。それぞれ個性を発揮していて、決してすべてが融合した美味しさではなく、独立して主張した美味しさです。なるほど、こういう考え方もあるんですね。姿が見えないのは玉ねぎだけなんです。

curryカリー草枕_新宿三丁目_インドカレー02

 チキンもよく煮込まれていてホロホロと崩れていきます。このスープにはこのチキン。美味しいですねえ。

 舌では全然辛く感じないのですが、汗がでてきます。辛さを出すためのスパイスではなくて身体をホットにするスパイス配合です。この味は初めて出会いました。なるほど、人気なのがわかりました。

 ひじょーーに、美味しかったです。クセがあるといえばクセがありますが、それがヤミツキになる感じです。なるほど、です。ごちそうさまでした。美味しかったです。

curryカリー草枕_新宿三丁目_インドカレー03

最寄駅 都営・メトロ「新宿三丁目」(新宿区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  9
好き度・リピート感 8

curry 草枕」ホームページ CLIC → https://currykusa.com/
「curry 草枕」Twitter CLIC → https://twitter.com/currykusa

curry 草枕カレー(その他) / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

昼総合点★★★★ 4.4



食べログ グルメブログランキング 17:19 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP


ピッツア×ハチミツ、グッジョブ! 「マルゲリータ パリアッチョ」神楽坂。

     
マルゲリータパリアッチョ神楽坂01イベリコ豚のローストグリル
¥コース

マルゲリータ パリアッチョ
神楽坂



 今夜はひとつ仕事を終えた納め会です。神楽坂の一番大きな交差点の一等地にある「マルゲリータ パリアッチョ」。私が幹事ならこんな洒落たお店は選べませんでした。大手「際コーポレーション」のお店なんですね。今夜は飲み放題コースでの利用です。

 まず、瓶ビールがキンキンに冷えているのが大合格です。瓶でこれだけ冷えていれば文句無しでいいお店です。仕事の疲れが吹き飛ばすグラス一気飲みで会の幕開けです。

「前菜盛り合わせ」 オリーブ、豆などのサラダ。
「鮮魚のカルパッチョ」 ディルが効いています。
「鶏のインボルティーニ?」 柔らかなチキンとトマトソース、唐辛子添え。

「マリナーラ」
 いよいよピッツアの登場。マリナーラではなくマルゲリータかも知れません。あっという間に手が伸びてきて無くなってしまったので…。唐辛子入りオリーブオイルをちょい掛け。生地はモチモチ、チーズはフワフワ。美味しいですたい。

「クアトロ フォルマッジ」
 これも確かではありません…。これにはハチミツをかけます。なるほど、ハチミツいですね。チーズがさらにフワフワのピッツアでした。これ、美味っ。

「ポモドーロ」
 トマトソースパスタです。麺は手打ちだとか。フィットチーネのモチモチ麺に、きれいにソースが絡んできます。これも美味い。

「イベリコ豚のローストグリル」
 メインディッシュの登場です。部位が2種類ありますが、判別できません。おお、柔らか。しかも時間をおいても柔らかい。ビーフといわれてもわかりません。塩加減がいいですね。ソースもいい。イベリコ、万歳。

マルゲリータパリアッチョ神楽坂01

 こうして夜は更けて行くのであった。大勢で飲むと、記憶が定かではなくなってきます。ただ後に残ったのは、「美味かった!」という心の叫び。こちらのお店、いいですね。これで4,500円ですよ!
 店員の対応もいいんです。だから居心地がいい。だからまた来ようと思う。うん、気に入りました。ごちそうさまでした。

マルゲリータパリアッチョ神楽坂02

最寄駅 JR「飯田橋」・メトロ「神楽坂」(新宿区)
衛生感・落ち着き度 9
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

「マルゲリータ パリアッチョ」ホームページ CLIC → https://kiwa-group.co.jp/margherita_pagliaccio/

マルゲリータパリアッチョ 神楽坂店ピザ / 牛込神楽坂駅神楽坂駅飯田橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング 18:36 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP


思い出横丁初心者にオススメ。アジアン酒場「つるかめ食堂」。

     
つるかめ食堂_思い出横丁02バカコンポジャ
¥550

つるかめ食堂
新宿西口 思い出横丁


 今夜は京王電鉄協賛「呑み鉄交流会」。トークショーではないので、南田氏、野月氏、吉川氏、久野女史などビッグな顔ぶれと一緒に酒を飲める、という企画です。その前に思い出横丁で給油でして行きましょう、ディーゼル車は。

 今や思い出横丁は外国人観光客の一大スポットで、煙が上がる小さな各店舗は外国人で一杯です。今回はそういう焼き台がある店を避けて、しっぽり食べられる「つるかめ食堂」にやってきました。ここは外国人は一人もいませんでした。
 カウンター席のすき間に座ります。この後のことがあるので2品だけ狙い撃ちで注文します。厨房内のシェフは中国出身でしょうか。言葉もそうですが、中華メニューもありますね。

つるかめ食堂_思い出横丁01

「バカコンポジャ」 ¥550
 バカー=牛肉
 コン=入る
 ポジャ=雌鳥
だそうです。スペイン語。牛すじをササミで挟んだフライですね。写真で見ると迫力がありますが、実際はそんなに大きくなく、1人でも適量なサイズです。添えられたマヨネーズ、またはテーブルのソースをかけて、それにからしをのせていただきます。なるほどー。これいい肴ですね。牛と鶏の異種交配が成功した例です。スジの独特の香りをササミがなだめています。この発想力、いいですね。

つるかめ食堂_思い出横丁03つるかめ食堂_思い出横丁04

「トルティージャ」 ¥550
 スペインではオムレツのことですが、ここではトマトと卵の炒め物です。作るのを見ていると、まずフライパンに相当な量の油が注がれていました。このアヴラの量こそふわふわ卵ができるコツなんですね。具材は、トマト、オニオン、卵、そしてニンニクです。このニンニクのかたまりが効いています。油とニンニク、私のような海外が長い人間にとっては最強の酒肴ですね。これ、美味い。まさか思い出横丁でこんな料理に出会うとは。スペインの血が入っている私には嬉しいかぎりです。

 今夜は予定があるのでこの辺で失礼します。いい酒場ですねえ。思い出横丁初心者にはいお店だと思います。まだ発展途上のカップルがいきなり「カブト」じゃちょっと持たないし、臭くなっちゃいます。ごちそうさまでした。では京王・呑み鉄交流会へ向かいます。

つるかめ食堂_思い出横丁05

最寄駅 「新宿」(新宿区)
衛生感・落ち着き度 4
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

「つるかめ食堂」ホームページ CLIC → http://shinjuku-omoide.com/shop/tsurukame/index.html

つるかめ食堂居酒屋 / 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング 08:18 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP


ほぼ回鍋肉専門店「えぞ松」。人間は食べるための機械である。

     
えぞ松飯田橋回鍋肉01回鍋肉定食
¥680

えぞ松 神楽坂店
飯田橋



「インドール」の隣、もちろん同じ軒下です。看板に「ラーメン/回鍋肉」の文字を見つけて早や2年、ようやく初訪問です。回鍋肉を推しにしている定食屋って少ないですからね。気になってましたよそりゃ。
 ご常連が比較的多いようで、みなさんカウンターに座るやいなや「回鍋肉」「ホイコーロー」「回鍋肉ね!」とコールします。10人に1人は「味噌ラーメン」「餃子定食で」と別のオーダーをします。ほぼ回鍋肉専門店といっていいでしょう。3日間続けて、男子率100%のランチとなりました。

 ラーメンは「支那そば」のようです。こちらも自信ありげに推しているようですが、しかしみなさん「回鍋肉」「ホイコーロー」です。
 料理人は回鍋肉専門がお一人、いやこの方は餃子も担当していました。鍋/鉄板系専門ですね。あと奥で麺類担当もおられます。回鍋肉の仕込み材料の量がすごい! 豚バラ、キャベツがどんどん奥から運ばれてきます。たいてい3〜4人分を一度に調理しているようです。
 オーダーが少しでも遅いと「何? 言って!」と調理人に促されます。調理の音がにぎやかなので、大きな声でオーダーしないと「はいよ!」という返事が返ってきません。

「回鍋肉定食」¥680
 ライス少なめでオーダーするべきだった! すごいライスの量。定食というより回鍋肉丼です。大盛りカレーのような様相です。回鍋肉が乗っていない部分の白いライス部分に、みなさん紅生姜をどっさり乗せています。私はそんなに紅生姜は好きではないので、頑張って白飯部分を一生懸命食べてしまって無かったことにして、それから回鍋肉が乗っている部分を食べます。白飯部分だけですでに結構お腹が膨れてきました。

えぞ松飯田橋回鍋肉02

 具材は、豚バラとキャベツのみ。男シャリ料理です。ネギもピーマンもなし。モダン回鍋肉。
 回鍋肉は豆板醤・甜麺醤のタッグが基本かと思っていたのですが、こちらの回鍋肉はほとんど豆板醤の味はしません。赤味噌っぽい味です。辛みは唐辛子ではなく味噌そのもので出そうという魂胆でしょうか。だから辛味はほとんどなく塩っぱさと甘さで勝負です。といってもそこまで塩っぱさは強くありません。
 ライスが少し緩いので、箸では食べづらいですね。邪道ですがスプーンが欲しいところです。肉が脂っこすぎないので助かります。キャベツが多いのもヘルシー?です。タレだけでライスを食べてみると、甘みが舌に広がります。
 うう、何とか食べきりました。隣の方は残しそうなペースですね。ガッツリいただきまして腹一杯です。

 マシンのように回鍋肉を造り続ける料理人。大量生産の弊害でしょうか、楽しんで造っている様子はありません。ランチを「楽しんで」食べたい方には向かないお店です。ル・コルビュジエ風に言えば「人間は食べるための機械である。」というモダンな考え方において至福の飲食店でしょう。とりあえずミッション達成、ごちそうさま。

えぞ松飯田橋回鍋肉03

最寄駅 JR・都営・メトロ「飯田橋」(新宿区)
衛生感・落ち着き度 3
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  5
好き度・リピート感 5

えぞ松 神楽坂店定食・食堂 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4



食べログ グルメブログランキング 08:56 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR