勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

日本橋,神田 周辺 勝負ランチ

南インドの伝統を東京人の舌へ。味の架け橋「エリックサウス」。

     
エリックサウス八重洲_チキンカレー_南インド01ディナーカレーセット
¥1,000

エリックサウス 八重洲
東京 八重洲


 ディズニーシーの帰り。東京駅八重洲地下一番街。ようやく「エリックサウス」に初訪問です。屋号からは南インドの料理ということが読み取れます。事前学習をぜずに来てしまいましたが、その分楽しみです。
 平日19:30。客の入りは半分ほどでしょうか。さて、ビールで疲れた身体を癒そうか。…っと。そうか。ここは南インドミールス文化でした。バスマティライスにビールはちょっとキツいな。ビール無しでいきましょう。

 私はラッサムがちょっと苦手なので、ミールスではなくカレーセットにします。南インド料理好きというよりカレー好きなんです。邪道ですね。
 あれっ。ビリヤニもあるんですね。どうしましょう。悩みますね。

エリックサウス八重洲_チキンカレー_南インド02

「ディナーカレーセット」¥1,000
 カレーが2種類選べるセットにしました。エリックチキンカレー(辛口)と、野菜カレー(甘口)をチョイスしました。ヨーグルトかサラダを選べるので、サラダにしました。バスマティライスを覆い隠すように、大きなパパドが乗っています。
 まずは野菜カレー。文句無しに、美味い。もしかしたら水を使わず野菜の水分でできたスープかも知れません。コクがあります。甘口、といっても他のカレーとの比較です。
 チキンカレー。うわ、辛いぞ。辛さ、薄っすら汗レベル。チキン、柔らかい。スパイスに一つ私の苦手な味が入っています。パクチー? ちょっと違うような…。ところが食べているうちにその味がヤミツキになっていきます。このカレーは、美味い!

 最後の一口は野菜カレーにして優しい味で終わりにしよう、と思って食べ進めます。しかし、集中して食べているうちにそのことを忘れてしまい、最後の一口として残ったのはチキンカレー。最後に汗かいて終わるとするか…。うん、やはり美味しい。日本人の舌に合わせた優しいガラムマサラ。なるほど、評判がいいわけです。

エリックサウス八重洲_チキンカレー_南インド03

 初訪問なので落ち着いて周囲を見ていなかったのですが、限定のメニューもありますね。日替わりも美味しそうです。
 私以外はみんなミールスを食べています。やはり私は邪道ですかね。次回はビリヤニを食べようとしていますから。ごちそうさまでした。

最寄駅 「東京」
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

エリックサウス」ホームページ CLIC → http://www.erickcurry.jp/

エリックサウス 八重洲店インドカレー / 京橋駅東京駅宝町駅

夜総合点★★★★ 4.1



食べログ グルメブログランキング 08:28 | トラックバック:0 | 日本橋,神田 周辺 |TOP


東京のウォール街で鶏を食べるならここ「やきとり 宮川」。

     
やきとり宮川茅場町01レバ
1本 ¥210

やきとり 宮川 みやがわ
茅場町


 茅場町はしご2軒目は、以前から行きたくてしょうがなかった「やきとり 宮川」へ訪問しました。暖簾をくぐると、ザ・酒場! 喧騒のテーブルを分け入って奥の席に座ります。最後の一席でした。大繁盛ですね。顔は赤く染まってはいますがみなさん背広です。日本の金融を動かしている街ですからね。

やきとり宮川茅場町06やきとり宮川茅場町05
 
 鶏のお店なので、オール鶏のオーダーで攻めてみます。アタマから「樽酒」で。
 お通しは、大根おろしにうずらの卵のせ。鶏の名店の証しです。

とりさし
 おわっ。この価格でこのボリュームですか。やった。しかもいい色。うずらの卵をかけていただきます。もちろん新鮮。美味い…。わさびが辛い…。日本酒にして良かった…。樽酒と鳥刺しのコラボ。うっとりです。

やきとり宮川茅場町04やきとり宮川茅場町03
とりさし ¥750               鳥のから揚げ ¥750

「鳥のから揚げ」
 名物ですね。何と骨付き。衣は竜田揚げのようです。サクサク。全然脂っこくない。刻みネギをのせて、せっせと食べます。傍らのポン酢レモンは酸っぱ過ぎるので使用せず。何もつけなくて大丈夫。俺にはネギがあるから。

「ひな皮」「うずら卵」
 思ったより大きい串焼きです。段々お腹が膨れてきました。2軒目ですから。うずらの卵は、薄皮も一緒に焼いているようで少し口に残ります。

やきとり宮川茅場町02やきとり宮川茅場町01
ひな皮、うずら卵 各1本 ¥180        レバ 1本 ¥210

「レバ」
 げげっ!何だこの大きさは!最後にこれか。嬉しい悲鳴だぞ。おふっ。臭みなし、柔らかく、美味い!焼き加減も良し。ただ、お腹一杯で最後はキツくなってきました…。

 いやあ来て良かったです。名店ですね。キングオブ居酒屋ですよ。東京のウォール街で焼き鳥や鶏刺しを食べたければここです。美味しかったー。ごちそうさまでした。

やきとり宮川茅場町08やきとり宮川茅場町09
やきとり宮川茅場町07

最寄駅 メトロ東西線・日比谷線「茅場町」(中央区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

やきとり 宮川焼き鳥 / 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅

夜総合点★★★★ 4.1



食べログ グルメブログランキング 08:25 | トラックバック:0 | 日本橋,神田 周辺 |TOP


人生初、焼き台でセルフ炭火焼き。殿堂酒場「ニューカヤバ」。

     
ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み01焼鳥
¥100

ニューカヤバ
茅場町


 東京三大立ち飲み酒場と謳われる聖地「ニューカヤバ」に、口開けを狙って初めてやってきました。女将さんが縄のれんを出して赤提灯に灯りを灯したと同時に入店です。

ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み04ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み12

 初めてなので勝手がわからず、若女将に聞きながらビールサーバーを操作して、奥の丸テーブルに陣取りました。ああ、これがあのニューカヤバか!凄い雰囲気だ! とはいえまだお客さんもまばら。あ、あれが名物のお酒セルフ自販機か。後でやってみよう。お、これが名物のセルフ焼き台か。よし。

ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み02ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み03
マカロニサラダ しらすおろし 各¥300    いわし甘露煮 ¥300

 会計カウンターに置かれたおつまみを取り、その場でキャッシュオン。同時に焼き鳥とつくねをオーダーします。自分で焼き鳥を焼くのは初めてです。アガるわー!
 すでに焼き台は炭火の準備済み。あとは置いてジッと待つ。…楽しい。名物の甘露煮をつまみながら、焼き加減を見ながら。酒が進むわー。

ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み05ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み07

 よし、ワンコイン100円の日本酒を操作してみよう。カチャン。ポチッ。トクトク。おおっ。コップに酒が。これ楽しい。

ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み06ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み08

 焼き台の串をひっくり返します。傍らには、塩などの調味料と、タレ壺があります。まだかな、まだかな。…そろそろ焼けたかな。塩が好きではありますが、せっかくなのでタレにドボッとつけてみます。
 いただきます。むっ。やはり自分で焼いた串は、美味い!手塩にかけて調理した甲斐がありますね。焼いただけですが。

ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み09

 他のお客さんは、チロッと飲んで20分位で退出していきます。そういう酒場なんです。焼き場担当の私は40分も滞在してしまいました。まだ時間が早いので、焼き場独占でした。ラッキー。

ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み11ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み10

 では私もそろそろおいとまです。時間が早いので渋谷「富士屋」ほど盛り上がってはいませんでした。しかしシステムがまったく違うので比較は無用。ここはセルフが楽しいアミューズメント。わざわざ鉄道を乗り継いで来た甲斐がありました。ごちそうさまでした。

ニューカヤバ茅場町東京三大立ち飲み13

最寄駅 メトロ東西線・日比谷線「茅場町」(中央区)
衛生感・落ち着き度 4
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  5
好き度・リピート感 7

ニューカヤバ日本酒バー / 茅場町駅八丁堀駅水天宮前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


食べログ グルメブログランキング 18:42 | トラックバック:0 | 日本橋,神田 周辺 |TOP


酒のあとは炊き込みご飯でシメっ。人形町の人気炉端「YAMATO」。ビブグマンとは!

     
YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場01ズワイガニの土鍋炊きご飯
¥不明

YAMATO ヤマト
人形町 浜町


 浜町からも人形町からも歩いて4分ほど。数年前からメモしてあった「YAMATO ヤマト」さんに予約して訪問しました。オフィス街の土曜なので予約も大げさかな、と思ったのですがとんでもない。お客さんで席は一杯です。帰ってから調べたら、こちら「ミシュラン ビブグルマン」を3年連続で載冠されているようです。知らなかった!

 店内は、中心に炭が置かれた大テーブルを10人で囲んで楽しむようです。これが2テーブルあります。カウンターと違い、ロの字なのでお互いの顔がよく見え、自然と知らない方たちと会話が始まる可能性を秘めています。それというのも、フロアを仕切る女性が愛想が良くて、他の客の料理も説明してくれたりするので、テーブル毎の会話を促しているような感じです。とはいえ、カウンター慣れしている方ならそうなるのでしょうが、ご夫婦やカップルなどは、やはりそうはいかないようです…。

 先ほど「フロアを仕切る女性」といいましたが、失礼しました。この方こそ炉端焼き専門職の炉端シェフでありました。今夜はよろしくお願いいたします。

 メニューは、定番が2枚と、今日のおススメが1枚。おススメは価格が書かれていないのでちょっとした料亭気分です。もちろん主力は「炉端焼き」。そして最後は名物「鍋炊き込みご飯」。さあ、小さな宴会を始めましょう。

お通し「白子の豆腐、長芋のたまり漬け」¥不明
 豆腐、甘い! 白子の味が最後に広がってくるので後味良し。家で絶対に作れないお通しに、高い価値を感じてしまいます。

「大根、とうばん味噌」¥500
 立場は前菜です。ミニ大根、細ねぎ、万願寺唐辛子、キャベツ。これを、美味しい赤味噌ブレンドでいただくんです。「この味噌だけで一杯は飲める!」という台詞が、フロアマスターとカブりました笑。

YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場13YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場08
お通し 白子の豆腐と長芋のたまり漬け     大根、とうばん味噌

「富山産 ぶり刺身」¥不明
 肉厚。迫力があります。食べ応え充分。口で、トロッ、と。口でトロッとね。なくなるんです。いいブリですねー。

YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場09
富山産 ぶり刺身

「特大はまぐり」¥1,000
 いよいよ炉端焼き開始です。まずは特大はまぐり。女将曰く、自然に開くまでじくり待つそうです。上側の殻は火が来ていないので素手でさわれるそうで、ワイルドな女将の貝さばきが見られます。
 醤油ダレをかけて、お皿に供されます。おおっ。美味い。もったいないので3口くらいに分けて食べたいのですが、噛み切りづらいので結局ひと口で食べてしまいました。うーん、美味しい。一口で食べるのは惜しい。

YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場10YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場11
特大はまぐり

「まこも筍」¥不明
 まこも筍は初めて食べます。これは…とうもろこしか! というほど甘いです。まるで本当にとうもろこしをいただいている感じです。これが筍。タレも効いています。

YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場12YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場14
まこも筍                  ヤマト 純米吟醸

「ヨーグル豚」¥900
 ヨーグルトン、と読みます。網に乗せられたのは板状の岩塩。すでに熱せられた岩塩。この上に肉を置いて焼くそうです。思いのほかすぐに焼けます。おお、美味い。絶妙な塩味。口溶け良し。上品な脂感。柔らかなカルビ、という感じです。あっという間に食べきりました。

YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場04YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場05
ヨーグル豚
YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場06

「合鴨の朴葉味噌焼き」¥800
 昔、俳句で読んだ句が師匠に褒められました。その時使用した文句が「味噌と朴葉」だったので、なんだかこの料理には思い入れがあります。
 でっかい朴葉に、大豆がごろごろ入った赤味噌ベースの合わせ味噌。間からは遠慮気味の合鴨。味噌を焦がすくらい焼くかと思ったら、鴨に火が通ったと判断した時点で炉端シェフが網から下ろしました。味噌は…辛い。というよりしょっぱい!このしょっぱさ、日本酒が合いますね。立て続けに箸でつつくには、ちょっと塩っぱすぎます。
 合鴨は、味噌の量に比べるとちょっと少なく感じます…。いじきたない性格ですみません。

 しかしこの味噌が、最後に本領を発揮するんです。とって置くべきですよ、みなさん。

YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場07
合鴨の朴葉味噌焼き

「ズワイガニの土鍋炊きご飯」¥不明
 最後は名物の土鍋炊きご飯をいただきます。調理に50分かかるということで早めに注文しておきました。価格はわかりません。基本的に不明瞭会計なので、私のようなビンボー人にはドキドキです…。
 土鍋炊きご飯の具材は、かき、桜えび、ずわい蟹の3種から選べますが、ずわい蟹をチョイスしました。
 いい香り! そして甘い! これはいいシメになります。普段は〆にお米を食べる習慣はないのですが、これは別格です。飲兵衛の別腹。鍋ひとつ食べきれるか不安だったのですが、なんのなんの。あっさり食べきりました。これは美味い。また味噌汁がいい。しじみ。これがご飯によく合います。いやあ、後味良し。いい〆です。

YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場02YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場03
ズワイガニの土鍋炊きご飯

 家や職場から近くはないので人形町はまだまだ開拓不足です。しかし意を決して「ヤマト」へ来て本当に良かったです。ああ美味しかった。店員も皆さんきめ細やかな対応をして下さり、心地よい時間を過ごせました。
 ただ、決して安いお店ではありません。そうしょっちゅう行ける感じではないのですが、ここぞというときに「勝負店」としてまた利用したいと思います。もう少し明朗会計であれば…助かるのですが。いいお店でした。ごちそうさまでした。

YAMATOヤマト人形町浜町炉端焼き酒場15

最寄駅 都営新宿線「浜町」・メトロ日比谷線「人形町」(中央区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  5
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

「YAMATO ヤマト」ホームページ CLIC → https://www.8010tokyo.com/

ヤマト炭火焼き / 人形町駅浜町駅東日本橋駅

夜総合点★★★★ 4.3


食べログ グルメブログランキング 18:03 | トラックバック:0 | 日本橋,神田 周辺 |TOP


旅の出初めは日本橋・紅花 別館「スリランカ ココットカレー」。

     
紅花別館洋食カレー012種のココットカレー
¥2,000

紅花 別館
日本橋


 今年も多くの知人の作品が選ばれた「日本伝統工芸展」。そこに行く前にまずは腹ごしらえを。カレーをキーワードに調べるとこちら「紅花 別館」がヒット。昭和12年創業、80年間日本橋でステーキと洋食を提供し続けてきた老舗です。伝統工芸展前にふさわしいお店ですね。早速急ぎ足で向かいます。開店と同時に入店、一番乗り。洋食を食べたい方は2階に上がります。私は今日はカレー狙いなので2階です。

 メニューを見て、名物のココットカレースリランカ産30種類のスパイスの激辛チキンカレー」とシーフードココットカレー「魚介とホウレン草のスパイシーカレー」の2種がいただける「2種のココットカレー」盛りをいただくことにします。優柔不断な男は一つに決めきれんのです。

 来ましたよスパイシーカレーセット。お。フォカッチャ付きなんですね。ライスは少なめ。いただきます。
 まずシーフードココットカレー。具材は、海老、イカ、ホタテ貝柱、イモなど。サグカレーにしてはほとんど苦みはなく、食べやすいカレーです。確かに深いスパイス感ですが、それほど辛くありません。フォカッチャがよく似合います。
 イカがいですね。

紅花別館洋食カレー03紅花別館洋食カレー02
スリランカ産30種類のスパイスの激辛チキンカレー、魚介とホウレン草のスパイシーカレー

 さて、推しメニューのココットカレースリランカ産30種類のスパイスの激辛チキンカレー」はどうでしょうか。おっ、確かに辛いぞ。これからが本番なのに、すでに結構な汗をかいてしまいます。スリランカはローストしたカレー粉を使うそうで、「ツナパハ」と呼んでいるそうです。これは辛くて美味いぞ。激辛といいますが、確かに辛いですがそれがウリではありません。コクがウリですね。さすが30種類のスパイス。
 具材はたっぷり、でっかいチキン3ピース、ピーマン、イモ。ただ、ライスが少ないので全体のバランスは悪いです。フォカッチャでは補足に耐えません。ライスおかわり、でしょうね。

 他のお客さんも9割がココットカレーです。単品オーダーだと、フォトジェニックな「壷」に入れられて出て来ます。なんか美味しそうだなあ、あの壷の中。同じ料理でも器が違うと印象が変わるんですね。

 いやあ美味しいカレーでした。静かに大人の空間でいただく、スリランカ「ココットカレー」。俺も大人になったなあ。あ、そうだ、汗を拭いておかなければ。
 では、日本橋を渡って三越へ。ごちそうさまでした。

紅花別館洋食カレー04紅花別館洋食カレー05

最寄駅 メトロ東西線「日本橋」(中央区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 7

「紅花 別館」ホームページ CLIC → http://benihana.jp/nihonbashi/index.html

紅花別館鉄板焼き / 日本橋駅三越前駅東京駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


食べログ グルメブログランキング 07:49 | トラックバック:0 | 日本橋,神田 周辺 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR