勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

板橋,大山 周辺 勝負ランチ

そんじょそこらの店とはワケが違うんです。「角ウチ 三益の隣」。

     
三益_角打ち_桐ヶ丘_北区011キーマカレー
¥760

角ウチ 三益の隣
板橋区/北区桐ヶ丘/赤羽郷


 桐ヶ丘アパート商店街、今年最後のくじ抽選会では見事「参加賞」でティッシュケースをもらった私は、先週発見していた「角打ち 三益の隣」へそそくさと潜り込みました。「地酒処 三益酒店」併設なんですね。店頭では酒店の大旦那が嬉しそうに娘のカレーの味を自慢しています。娘さんとは「三益の隣」を切り盛りしているご主人ミカさんのことでしょう。まだ20代前半のような清々しい女性です。大旦那のお話によると、角打ちご主人のミカさんは某有名料理専門学校で長く修行を積んだということで、そんじょそこらのカレーとはワケが違うとのことです。

三益_角打ち_桐ヶ丘_北区08

 立ち飲みが基本のカウンターの高さです。立ち飲みで全然いいのですが、ランチ時はビールケースを逆さまにして椅子にしてくれます。
 今月は山形の酒蔵「楯の川酒造」の純米大吟醸「楯野川」推しマンスリーです。ではせっかくなので、まだ陽は高いのですがやたらと寒いので、日本酒で気持ちを温めましょう。純米大吟醸「本流辛口」グラス60ml,300円。吟醸はワイングラスで飲むと香りがいいそうなのでワイングラスでいただきました。おお。おおお。芳醇。広がる米の香り。口の中でまろやかに、のどごしはカッとくる、ヤバイやつですね。おおヤバいヤバい、美味すぎる。一日が終わり行く。

三益_角打ち_桐ヶ丘_北区04

 肴は、カキフライやチーズなどもありますが、なんとなく缶詰気分だったので「鯖焼きアヒージョ」を。うん、合う合う。

三益_角打ち_桐ヶ丘_北区03

 ご主人はまだ客商売に慣れていない初々しさがあり、そこがまた暖かみを感じます。

本日の三益カレー
「キーマカレー」¥760
 サラダの後に供されたのは、なんともヘルシー感漂うキーマカレーです。大旦那ご自慢のカレー、いただきます。トッピングに生オニオンとは珍しい。お、スパイス感とハーブ感が混在していますね。広がりのあるカレーです。始めは少し甘みさえ感じますが、よくよく食べてみると辛みが来る。「不思議な味」と表現しては失礼かもしれませんが、なんとも形容し難いオリジナルの風味です。

三益_角打ち_桐ヶ丘_北区01

 まさか、カレーに純米大吟醸がこんなに合うとは。初体験、初昇天。いいですねえ、カレー+日本酒

 後半はテーブルにある「スパイスガーリック」を挽いて掛けてみました。より味に広がりが生まれ、また少し辛みも増しました。うんイケる。美味しいですよ、このキーマカレー。さすがですミカさん。
 …慣れ慣れしくてスミマセン。

三益_角打ち_桐ヶ丘_北区02

 大吟醸をグイと飲み干し、ご主人にごあいさつして、お店を後にします。…いや、隣の酒屋へ入ります。せっかくなので「楯野川」を1本買って帰りましょう。年末の晩酌はこれで決まり。
 アットホームないい角打ち酒場へと成長していくことでしょう。機会あればまたぜひ。ごちそうさまでした。

三益_角打ち_桐ヶ丘_北区05

 でもおそらくここで修行を積んだミカさんは、もっと大きな舞台へと羽ばたいていってしまうのかもしれません。

三益_角打ち_桐ヶ丘_北区06

最寄駅 JR「赤羽」・都営三田線「本蓮沼」「志村坂上」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

「角ウチ 三益の隣」twitter CLIC → https://twitter.com/mimasusaketen
「角ウチ 三益の隣」facebook CLIC → www.facebook.com/

角ウチ 三益の隣バル・バール / 本蓮沼駅

昼総合点★★★★ 4.0



食べログ グルメブログランキング 18:34 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


誇り高き洋食屋の職人技グリル、板橋「ローリエ」のドリア。

     
ローリエ_板橋_洋食0111ドリア
¥650

ローリエ
板橋区役所前/大山



 細い路地を通行止めにして、豊島病院通り商工会主催の「歳末くじ抽選会」がささやかに盛り上がっています。今年一番の冷え込みの中、あたたかい雰囲気です。私はといえば餃子を食べに「隆」さんに向かう途上です。…しかし、その手前、同じ並びに魅惑のショーケースを発見しました。洋食屋さんであることは明らかです。屋号は「ローリエ」と…。急きょ予定変更です。餃子はまたの機会に…裏切り御免! こんなことをよくやってしまうんです私は。

 店内はもちろん地元客のみ。ご家族やお一人客で、こちらもささやかに盛り上がっています。
メニューは、グリル、ステーキ、フライ、パスタ、カレーライスなど、ニッポンの洋食屋の見本のような献立が目白押しです。本日のサービスは、カニクリームコロッケと肉の玉子焼き盛り合わせ800円です。一体どうしたらいいんでしょう。私、女性がサービスしてくれるお店とか絶対行けないと思うんです。だって誰を指名していいかわからなくなるから。…そういう理由か?

 ご主人はオーダーが入っていない時も手を休めず仕込みに余念がありません。職人の目、職人の動き。こういうお店、大好きです。女将さんもお客さんに適度に絡みながらテキパキと仕事しています。誇り高き、洋食魂を感じるお店です。

ローリエ_板橋_洋食01

ドリア」¥650
 女将さんが飽きれるくらい悩んだ挙げ句、選んだのはドリアです。こんな寒い日はグリグリして欲しい…いやグリルが欲しいのです。ちなみにマカロニグラタンかカレーライスかドリアの3つに絞るまで5分近くかかりました。

 スプーンが三角ナプキンに包まれてきました。これですよ、日本の洋食は。ではいただきます。
 ベシャメルソースの下、ケチャップのチキンライスじゃなければいいなあ。味がわざとらしくなるからなあ。ターメリックライスとかサフランライスもちょっと違うかなあ。でもターメリックならドライカレーと一石二鳥か! それもいいな。でもだったらもともとメニュー表にカレードリアって書いてあるはずだしなあ。どれ。

ローリエ_板橋_洋食02

 アヂッ! いきなり上アゴを火傷か。一気に身体がホットになっていきます。おっ、白いライス。バターライス。やった。お望み通り。これでいいんです。余計なことをしないのが、プロの職人なんです。
 とてもクリーミーです。チーズがトローリ。あっ、海老発見。ちゃんと砕いてあります。この一手間がいいんです。主な具材は、この海老だけ。硬派です。クールです。ハードボイルドです。

 半分食べたところで、女将さんが勧めてくれたタバスコをちょっと掛けてみました。ん、辛みはよく似合いますね。有りです。だけどタバスコのビネガー要素が少し酸味が強く、甘くてクリーミーなソースに勝ってしまいます。うーん、惜しい。

ローリエ_板橋_洋食03

 ハフハフしながら、水も飲まず一気に食べきりました。うん、暖まった。美味しかったです。
 店内はお客さんもご主人も女将さんも、歳末抽選会の話題で持ち切りです。去年は○○さんとこの孫が○○を当てたとか、さっき○○屋の息子が○○を当てたとか。まだ1等賞が1本残っているらしいとか。ほほえましい光景に、また暖まります。

 お会計を済ませ、また寒いシャバに出ます。ああ美味しかった。抽選会に背を向け、私は一人にぎわいから遠ざかっていきます。今年ももうすぐ終わるなあ。よく喰ったなあ。

ローリエ_板橋_洋食04

最寄駅 都営三田線「板橋区役所前」・東武東上線「大山」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

ローリエ洋食 / 大山駅板橋区役所前駅中板橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング 18:33 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


オビキンの「酒場放浪癖」…ついに吉田類さんに遭えました! 志村「おばこ」。

     
おばこ_志村_吉田類022かきバター
¥580

おばこ
板橋 志村三丁目


 なんとー! 扉を開けたら、類さんが来てるではないですか! 初めてお逢いしました! 飲兵衛にとっての結弦くん! でも席は遠く、何を話してるのかよくわかりません。以前、武蔵小杉「玉や」で次の日に女酒場のやっちゃんが来ると知ってショックだったことを思い出します。とにかく、類さんと同じ空間での一人飲み、開始。
 志村三丁目駅から徒歩30秒かからずの「おばこ」。ふと思い出して訪問した次第です。それがこんなことになるとは。

おばこ_志村_吉田類05

 ご主人、若旦那、女将さん、若女将の4人で営業されていますが、みなさん温かいおもてなしで、居心地抜群です。こんなスペシャルな時にも、こんな一見に対して、すごく優しいんです。もうイチコロです。

おばこ_志村_吉田類04

おばこ名物 煮込み」¥380
 創業以来60年、変わらぬ味ということです。白味噌ベースですね。いわゆるコテッチャンが柔らかく、良く煮込まれて臭みなんかありません。古くから親しまれてきている、あのもつ煮込みです。スタートは、これで決まり。

おばこ_志村_吉田類03

「まぐろ刺身」¥580
 おお、ちうとろ! 赤みの価格で、中トロっ! やった。舌でトロッととろけるアレですよ。やはり! 舌でトロッと溶けましたよ!
 類さんがいるので私もなんだかテンション高めです。

 せっかく類さんがいるので、高知「酔鯨」の純米大吟醸」を。と思ったら、今夜は切らしているとのこと。さては、類さんが全部飲んだな。でも大丈夫、「美丈夫」。これも高知ですから。特別純米、まろやかで美味しいですね。これに合わせるアテは……。

おばこ_志村_吉田類02

かきバター」¥580
 おお、おお! こほばしや。かきバターは最高ですね。いつも冬ならいいのに。旬が短かすぎですよ。どれ。ほっ、ぷりん。美味っ。邪道かもしれませんが、ちょっとマヨネーズつけると、世界が広がりますね。ちょっとだけよ。

おばこ_志村_吉田類06

「昔ながらの唐揚げ 小」¥480
 む。なるほど。正肉の、コロモ薄めの唐揚げですね。一つひとつが小さめなのが、このお店の優しさを表現しています。一人飲みにはちょうどいい量です。

 すごくいい酒場ですよこちら。雰囲気、対応、何より肴! こんなに安くていいのかしら。上ネタですよ。かなり以前から気になっていたのですが、もっと早く訪問すべきでした。

 後半に類さんが席をまわって挨拶し始めましたが、男一人でテーブルで飲んでる私の所にはもちろん来ません笑。残念。これでは類さんと飲んだ、ということにはなりませんね。残念。
 しかし撮影が終わってから、握手して下さり、撮影にも応じて下さいました。こういうフレンドリーなところが類さんのいいところなんです。ありがとうございました!

おばこ_志村_吉田類01

 別にこういう特別なシチュエーションではなくても充分楽しめる素敵な酒場でした。お店のみなさん、ありがとうございました。再訪を固く約束して、お店を後にしました。

おばこ_志村_吉田類07

最寄駅 都営三田線「志村三丁目」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 8

おばこ居酒屋 / 志村三丁目駅志村坂上駅蓮根駅

夜総合点★★★★ 4.0



食べログ グルメブログランキング 17:55 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


R20指定、心と身体が裏腹な禁断の情事。四川料理「粒粒香」。

     
粒粒香_四川料理_板橋022麻婆豆腐
¥飲み放題コース

粒粒香 リリシャン
板橋


 今夜は板橋秘密結社のイベントに参加した後、参加者で「粒粒香」に行く運びとなり訪問しました。チャーハン大家として著名なK氏も同席するということで、すごく楽しみです。
 ここ「粒粒香」は、過日に閉店した板橋「栄児(ロンアール)」出身の女性オーナーとシェフが、栄児の本物の四川を継承するべくオープンしたお店ということです。その心意気だけで舌がシビレてきます。お店公式HPでは「上福岡駅から徒歩4分」と間違えていますが、正しくは「新板橋駅から徒歩4分」ですね。上福岡からの移転?が真実なのでしょうか。
 パンダがマスコットなんですね。店内にも、確か「リーリー」とオーナーが呼んでいた気がするのですが、パンダのぬいぐるみがぶら下がっています。
 今夜はコースです。シビレを切らして料理を待ちましょう。

花山椒サワー」
 なんじゃそりゃ。私は無理です。他の方がみなさん「なるほど、イケるかも」などと飲まれていましたが、2杯以上オーダーした方は誰もいませんでした。グラスの中に浮遊している粒が、花山椒です。

粒粒香_四川料理_板橋11

「前菜 腸詰め・チャーシュー・軟骨部位・くらげ」
 添えられた粒状の香辛料をおそるおそる付けてみます。やはり! ちょっとでいいですよ、ちょっとで。

粒粒香_四川料理_板橋10

「棒棒鶏」
 朱に染まった一品は、バンバンジーよいうより口水鶏(よだれどり)です。この秘伝の辣油こそお店の真骨頂です。旨くて辛くて美味い! この辣油はそれほど花山椒は多くなく、唐辛子の辛みと甘みが刺激的です。この辣油だけを小皿に取っておいて、最後の料理まで適宜使うこととします。
 下に敷かれているもやしが、舌を中和してくれる…はずが、辣油が絡んでしまって味方になってくれません。しかしこりゃ美味い辣油だ。

粒粒香_四川料理_板橋01

「水餃子」
 ランチでは食べ放題の水餃子。もちろんこれに先ほどの辣油をちょいと垂らしていただきます。おお、ナイス! 食べ放題扱いの料理ではありますが、質をないがしろにしてはいません。美味しい水餃子です。

粒粒香_四川料理_板橋05

「糸豆腐サラダ」
 これこそ中和してくれる料理です。正式には「豆腐干絲(とうふかんす)」という、豆腐を糸状にした麺です。うん、いいショック感。いや食感。にんじんと合わせて小皿に取り分け、最後まで重宝させようと思います。

粒粒香_四川料理_板橋06

「蒸し鶏肉とじゃがいもの何か」
 一体これは何だ? 見た目ではわかりません。おから? 酒粕? のようなものに何かが包まれています。食べてみると…鶏肉でした。その下にザク切りのじゃがいもがしいてあります。これもやはり花山椒が若干効いています。若干、と思ったのは麻痺が進んできたからでしょう。若干、シビれます。でもこれぐらいなら全然大丈夫。意識、はつらつ。

粒粒香_四川料理_板橋07

「小籠包」
 来た、小休止。箸休めのありがたい一品です。この肉汁、美味い! 辣油をちょっと絡めていただきます。うん、後半へのい弾みとなります。

粒粒香_四川料理_板橋09

「鶏肉の唐辛子炒め」
 来たな、悪魔め。ザクザクと赤唐辛子が刺さっています。でもこの唐辛子は風味付けでそれほど辛くないことは、他店の同じ料理から解っています。問題は、目に見えぬ花山椒アタックです。どれ、小さな鶏の肉片をひとつ。…お、大丈夫じゃないか。助かっ…! ゲゲッ! ウッハーーー! ごめんなさい。許して下さい。遠のく意識の中で懇願しますが、もう遅い。キツい仕打ち。それでも、俺は戦士。食べ続けるのだ。3個、4個と鶏や唐辛子をどんどん口に運びます。それぞれ単体は美味しいんです。しかし、しかし…。とにかく、ビールをジャンジャン持って来て下さい!

粒粒香_四川料理_板橋03

 壁のパンダのぬいぐるみが、悪魔に見えてきました。

「海老の塩味炒め」
 助かったあ。こういうの、あるんじゃないですか。漂流して流れ着いた小島の味がします。

「豚肉の角煮」
 これ、色は赤いけど、どうなんでしょう。ドキドキ。あ、これこそ好みの辛さです。私は煳辣=フーラーまたは香辣=シャンラーが好きなのであって、麻辣=マーラー特に麻=マーがそこまで好きになれません。しかしこういう辣=ラーの辛さがある料理は大好物です。しかしすでに今夜は、この料理もそれほど辛く感じない舌になっています。
 角煮というほど大きなブロックではありませんが、柔らかく煮込んであって美味しい角煮です。

粒粒香_四川料理_板橋08

「麻婆豆腐」
 極悪の魔人、降誕。しかしすげえ美味そう! わかってはいますが、やけくそでレンゲでかき込んでグイグイ食べてみました。……彼方にかすかに見えて来た天竺の味です。
 いつも思うのですが、花山椒を入れてしまうことによって、その料理の本来の旨味だとか深みだとかを楽しむことができなくなるのって、どうなんでしょう。私が花山椒が苦手なのは、痺れが苦手なのもありますが、料理が本来持っている美味しさを損なっているのではないかという、そういうところも理由の一つです。この麻婆豆腐も、山椒を少なくすれば、おそらく甘みさえ感じる純粋な辛みを楽しめたのではないかと思います。
 …しかしそんなことは言ってられません。俺は戦士。残さずに皿を舐める勢いで、食べていくのです。脳はすでに犯され、思わず「美味しい…」と言ってしまう自分がいます。心と身体が裏腹な禁断の情事。

粒粒香_四川料理_板橋02

「汁なし担々麺」
 いよいよ大トリの登壇です。まず混ぜる前に、純粋に麺と辣油の美味しさを味わいます。それから鬼の形相で具を混ぜ返しました。お、これはそれほどシビレないぞ。うん、これなら。美味い、美味いぞ。でもたぶん、これが一品目だったらひっくり返っているのかもしれません。
 この担々麺、いいですね。細麺も美味いし、辣油の良さも活きています。いいシメですね。

粒粒香_四川料理_板橋04

 宴の合間にチャーハン談義に花を咲かせ、伝説の酒場「明星(あけぼし)」の話で盛り上がり、板橋の食いしん坊達の夜は更けていきます。楽しい宵でした。
 板橋に降臨した四川料理「粒粒香」。これで飲み放題5,000円なら安いですよ。花山椒ファンなら一度は訪問するべきでしょう。オーナー、いろいろお気遣いありがとうございました。ごちそうさまでした。

粒粒香_四川料理_板橋13粒粒香_四川料理_板橋12

最寄駅 JR「板橋」・都営三田線「新板橋」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 8

「粒粒香」ホームページ CLIC → https://localplace.jp/t100343170/

粒粒香四川料理 / 新板橋駅板橋駅下板橋駅

夜総合点★★★★ 4.0



食べログ グルメブログランキング 18:44 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


祝リニューアル、準本格チャイニーズファミレス「中国料理専門店 露華」。

     
露華_板橋 _西台_中華料理01高菜チャーハン
¥690

中国料理専門店 露華
板橋 西台


 カレーの名店「ラ・ファミーユ」を素通りするのは勇気と覚悟が必要です。今日は鬼の気持ちで素通りして、交差点向かいの「中国料理専門店 露華」に向かいました。
 町中華と思って行ったのですが、違いました。町中華と中国料理の違いは以前にお酒の種類で述べましたが、もうひとつ、ピータンがあるかないかでも区別できると思います。ここにはありますね、ピータン豆腐。経営もネイティブのような印象を受けます。

 リニューアル直後らしく、想定外の新しさと広さで、店内にはお祝いの蘭が7つも届いていました。地元に溶け込んでる感じが伝わってきます。お客さんはご年配のグループや小さいお子様連れのご家族がほとんどで、続々と入店してきます。ラ・ファミーユとは棲み分けができています。個人経営のチャイニーズファミレス、という立場ですね。

 セットものがたくさんありますが、せっかくなので中国料理を、とも思いましたが…私はダメな男です。やはりチャーハンに目が行ってしまうんです。
 お店は刀削麺を推しているようです。おこげも美味しそう。でも、すみません、チャーハン下さい。

「高菜チャーハン」¥690
 高菜は汎用性の高い食材ですね。ご飯のお伴に、またチャーハン、とんこつラーメン、お好み焼き、餃子など、幅広く使用されています。チャーハンでは塩っ気を演出しています。葉っぱそのものからはほんのり甘みが。よく合っています。
 油が多いのでご飯は若干ギットリしていますが、一粒一粒はパラパラしていて食べやすいです。その油感を中和するのが、高菜なんです。

露華_板橋 _西台_中華料理02露華_板橋 _西台_中華料理03

 チャーシューが美味しいですね。単品チャーシューにも自信があるようで、おつまみとして推しています。なるほど、美味しいです。いいバラ肉です。
 ナルトの存在もいいですね。日本人の心をつかむチャーハンです。

 ボリュームがあるのでだんだんキツくなってきますが、飽きない味です。他のテーブルの方々も、その他の料理もボリュームに感嘆の声を上げています。食べきれないかもしれない量を提供するのが、中国式のおもてなしですからね。お客さんが全部食べきってしまったなら、食事会主催者は厨房に怒りを向けるんですね。足りないぞ、と。残すほど提供するのが中国のおもてなし、と伺っています。

 美味しいチャーハンでした。店員は多いのですが、サービス精神には若干の疑問を感じます。失礼なほどではありませんが。入店した時、一斉にこちらを見るのはいいですが、そのあと何の案内もせずに行動を見張っていて、座ってもセルフサービスだと告げないので放置されたまま。招かざる客なのか、と不安になりました。2回目からはそんなことどうでもよくなるんでしょうがね。
 ごちそうさまでした。次回があれば、刀削麺をいただいてみたいと思います。

露華_板橋 _西台_中華料理04

最寄駅 都営三田線「西台」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 5

中国料理 露華中華料理 / 西台駅蓮根駅高島平駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4



食べログ グルメブログランキング 18:31 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR