勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

板橋,大山 周辺 勝負ランチ

メニューの個性光る、板橋洋食界のへそ「キッチン 亀」。

     
キッチン亀中板橋ハンバーグ02バーグきのこのオムライス
¥920

キッチン 亀
中板橋


 石ちゃんこと石塚英彦、マツコデラックス、高田純次など多くの番組で紹介されている、エリアNo.1の知名度を誇る洋食「キッチン 亀」。中板橋は「中」板橋ということから「板橋のへそ」と自負していて、来月に開催される板橋三大祭りのひとつ「へそ祭り」は今年ですでに23回目を数えます。板橋区の区形を見てみると、重心という意味での中心は、実際には志村坂上から志村三丁目あたりになりそうですが。そうではなく板橋区を盛り上げる中心地としてがんばっているという意味では、中板橋の商店街は拠点のひとつといえます。

 その商店街の「へそ」にあたるところに「キッチン 亀」はあります。連日、地元のお子様連れのご家族やご年配お一人様、付近の労働者などで盛況です。休日には外で待っているお客さんも見られます。人気があります。

 丁寧に作っていることもあり、オーダーから配膳までは時間がかかります。基本的に「街の洋食屋さん」なのでホール担当の方たちはそれ相当の気遣いです。まあ忙しそうですからね。オーダーから25分かかっての配膳です。

「へそハンバーグ定食」¥1,050
 マツコが讃えたという料理です。ほうれん草が入ったクリームソースがウリのようです。お、なるほど、美味い。ソースももちろん、ハンバーグも美味いですね。そのハンバーグから肉汁がドワッとあふれ出ます。その溢れてしまう肉汁のもったいなさと、その肉汁がソースを薄めてしまうもったいなさ。
 しかしこりゃいいハンバーグです。「へそ」とつくからにはこのお店の中心料理です。へその名に恥じない素敵な一品です。

キッチン亀中板橋ハンバーグ01キッチン亀中板橋ハンバーグ03

「バーグきのこのオムライス」¥920
 石ちゃんがペロッと平らげたという料理です。オムをナイフでツツーっと。おお、デローっと。さてライスはどんな味でしょうか。へえ、オムライスとしては珍しい味のライスです。ケチャップ味ではありません。冠に「バーグ」とあるように、ビーフを煮込んだ出汁の味がします。なので濃いですね。きのこの出汁もでています。なるほど美味しいです。半分くらいまでは、石ちゃんとまではいきませんが一気に平らげました。しかし、だんだん飽きがきます。ちょっと味が濃すぎるのでしゅか。ペースダウンして、なんとか平らげました。

 全国区とまではいきませんが有名店といえるでしょう「キッチン 亀」。ボリューム勝負じゃないのにこれだけ取材が入るということは、メニューの個性と味の個性が光っているのでしょう。
 板橋にもっとたくさん美味しい洋食屋が現れることを祈っています。ごちそうさまでした。

最寄駅 東武東上線「中板橋」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 6

キッチン亀洋食 / 中板橋駅ときわ台駅板橋本町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング 18:18 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


大衆酒場はこうでなくちゃ! 高島平の駆け込み寺「百楽」。

     
百楽分店板橋高島平居酒屋酒場02レバーステーキ
¥650

百楽 分店
高島平



 居酒屋初心者としては初見のお店は居心地が良さそうな店を選びます。その居心地を「空間のゆとり」に見いだし、本店好きの私も今回はあえて分店を選びました。ここ「百楽」は高島平駅前の大衆酒場で、本店と分店が同じ区画にあります。本店をのぞいたところ、カウンター席だけのお店なので小心者の私はテーブルもある広い「分店」に入店してみました。

 高島平駅は、戸田ボートへのバスが発着します。「百楽」は競艇のレースが終わる時間に合わせて15:45に開店するんです。この心意気というか心遣いが、この酒場の極意といえるでしょう。けれど店内は女性客も多いんです。地元愛に満ちた酒場には、女性だって来るんです。

 分店はマッチョな方々が店を切り盛りしている特徴があります。格闘家つながりでそういう骨格や強面の方が厨房に立っているということです。それでも、みなさんやさしくて愛想がよく、本当に居心地がいいんです。本店は女性達が切り盛りしているそうで、対照的です。

 生ビールは泡の肌理が細かくて、気を使った注ぎ方をしていますね。そしてキンキンに冷えている。この時点ですでに合格です。

「まあじ」¥450
 それ相当の味と大きさです。おろししょうがと刻みねぎを混ぜまぜしていただきます。うん、グッド。今宵の酒場、期待できます。そう思わせるはじめの一品。築地が市休の日でこれなら上等です。

百楽分店板橋高島平居酒屋酒場07

「レバーステーキ」¥650
 デカイ! 豪快! 食べてみるとほとんどタレの味! でもこのタレがジャンクな感じでイイ! 大衆酒場はこうでなくちゃ!

「若鶏焼き 3本」¥470
 塩でいただきます。はい、美味しいです。ザ・焼き鳥。値段なりにプリプリでサイズも大きい。ザ・居酒屋。いい焼き鳥です。

「自家製 チーズ豆腐」¥400
 こ、これは! 想像と全然違います。豆腐というよりチーズです。豆腐にチーズがのって焼かれたものと思いきや、チーズそのものでした。これは重宝します。チビチビいただきましょう。これは大当たり。

百楽分店板橋高島平居酒屋酒場04百楽分店板橋高島平居酒屋酒場01

「ゲソ バター焼」¥550
 ほとんどのお客さんがオーダーしていたので、私も。なるほど、美味しいです。普通といえば普通ですが、大衆酒場にそれ以上何を望むというのか。これでいいんです。ゲソがバター焼きされている事実。いいですねえ。これが酒場なんです。美味いですよ。

百楽分店板橋高島平居酒屋酒場03

 また新たに「良い酒場」の定義が生まれました。メニュー表の字面で酒が飲める。これ大事です。注文しなくても、メニューがおかずになる。これが大衆酒場なんです。メニューを眺めていれば、飽きないんです。
 高島平に、またいい酒場発見。ご満悦で帰宅します。ごちそうさまでした。もちろん次回は本店です。

百楽分店板橋高島平居酒屋酒場05百楽分店板橋高島平居酒屋酒場06

最寄駅 都営三田線「高島平」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

百楽 分店居酒屋 / 高島平駅新高島平駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング 10:07 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


谷抜ける風、赤塚丘陵下ル。木漏れ日に囲まれた蕎麦庵「ひびき庵」での休日。

     
ひびき庵板橋赤塚せいろ蕎麦04二色せいろ
¥1,100

ひびき庵 "ルビ"
板橋赤塚



 陸の孤島、泉湧く赤塚の谷に人気の蕎麦屋「ひびき庵」はあります。小さな滝の近くにあるので、いい水を使っているんでしょう。時間をはずして訪問しましたが、満席でした。10分ほどで席が空きました。

 お品書きを見れば、お酒の肴が多くてまたしても車で来てしまったことを悔やみます。純粋にお蕎麦を堪能しましょう。
 蕎麦は、北海道・音威子府と、群馬県・桜川の蕎麦を使用しているそうです。音威子府の駅で、名物の真っ黒な蕎麦をいただいたあの夏が蘇ります。美味かったなあ、あの蕎麦。まさか、ここでも真っ黒か?

ひびき庵板橋赤塚せいろ蕎麦01ひびき庵板橋赤塚せいろ蕎麦02

「二色せいろ」¥1,100
 蕎麦に詳しくないのですが、ひとつはお蕎麦らしいお蕎麦です。HPによると「粗挽きせいろ」は殻付きの玄蕎麦を低速回転で挽いていて、風味を逃さないようにしているとのことです。この蕎麦は粗挽きではなく普通の二八蕎麦だそうです。
 もう一つは、季節の変わり蕎麦ということですが、どういうお蕎麦か聞きそびれてしまいました。白いんです。その白い蕎麦に黒っぽい粒が練り込まれています。この黒い粒、何でしょうねえ〜。食べてもわからないんです。そんな味音痴に喰わせる蕎麦はねえっ! て怒られそうです…。
 両方とも、コシがあって、しっかり味の違いもあり、美味しくいただけます。つゆは甘くなく、キリッと引き締まった香りと味です。鰹節の出汁が活きています。てやんでいべらぼうめ、知ったような口聞くな、というご主人の言葉が聴こえてくるようです。なぜか知りませんが、美味しいんです。

ひびき庵板橋赤塚せいろ蕎麦03

「芝海老かき揚げ丼」¥1,100
 まず、白飯が美味い。これ大事。タレも甘すぎず、かき揚げとご飯の香りを純粋に楽しめます。大ぶりの玉ねぎ、春菊。プリっとした海老。いいですねえ。かき揚げの割合として若干ころも部分が多い気もしますが、ホクホクご飯が手を差しのべてくれるので問題なし。ころもだって油っぽくなくサクサクです。美味しいですねえ。

 食べ終えると蕎麦茶が供されます。ズズッ。ハア。落ち着きます。美味しいお茶です。
 風抜ける谷の、緑に囲まれたお店。これは人気でますよ。美味しいし。ハア、ごちそうさまでした。

ひびき庵板橋赤塚せいろ蕎麦05

最寄駅 都営三田線「西高島平」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 7

ひびき庵」ホームページ CLIC → http://www.akatsuka.info/hibikian/

蕎麦 ひびき庵そば(蕎麦) / 西高島平駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング 18:54 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


喰わず嫌いはアカン! 絶品・チュニジア料理「ブラッスリー ジェルバ」。

     
ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_01★殿堂メニュー
羊のムスリ
¥1,680

ブラッスリー ジェルバ
板橋 志村坂上


 やっと実現しました、チュニジア料理「ブラッスリー ジェルバ」訪問。なぜなら、一人で行くにはもったいないお店だからです。やっとの思いで同士を募ることができて、初見参と相成りました。成就。今夜の俺はアフリカン。
 チュニジア料理は、イスラム圏なのでムスリムのために豚肉は一切使用無し。保存料や添加物も使用せず、自然素材だけの料理店です。でも、お酒はありますよ。そこがいい。

 今夜の厨房はチュニジア出身と思われる女性お一人。一人でお店を回しているんですか!? そりゃ大変ですね。でも大丈夫。予約する時に、時間がかかる料理はオーダーしておきましたから。でかしたっ、俺。
 意外と、と言ったら失礼ですがお客さんは多いんですね。4組いました。知る人ぞ知る名店か。

 メニューには写真がないので、品名を見てもさっぱりわかりません。一度外へ出て、外に貼ってある写真を確認に行きました。…なるほどなるほど。席に戻って、みんなで情報交換してからオーダーしました。女性シェフは忙しそうなので、自分から厨房へ出向いてオーダーをしてきました。

「魚のクスクス」¥980
 予約時に伝えてあったので、入店から15分程度で供されました。他のお客さんより早く提供され、ちょっとバツが悪い感じですが…。
 魚はアジでした。丸々一匹、生まれたままの姿でクスクスに載っています。アジは「ぜいご」を剥かないと大変な事になります。まず剥がしましょう。で、身をほぐします。
 デュラム小麦やセモリナ小麦を練ったものを小さい粒状にしたものがクスクスです。下段でスープを煮てその蒸気で上段のクスクス粒を蒸す二段状のクスクス鍋というものがあるそうです。

ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_04

 スープと辛味噌が一緒に出されました。辛味噌は「ハリッサ」といい、どうやらすべての料理に共通に使えるようです。スープはクスクス用です。各自が取り分けてから好みの量を振りかけていただきます。
 …おおっ。おおおっ。美味いっ! 美味いぞ! これ、いいぞ。しかもこのスープ、いいぞ。トマトスープのようですが酸味はあまり感じません。辛そうでもありますがあまり辛くもありません。それでいていい出汁が出ています。クスクス粒にメチャメチャ合いますね。
 魚のクスクスにして正解かも。まったくクセなし。おお、魚のクスクス、初登場第1位みたいな衝撃です。チキンやラムでもいいんでしょうが、ムスリで鶏か羊をオーダーする方は多いと思うので、それならクスクスは魚ですよ。

ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_05ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_06

「羊のムスリ」¥1,680
 こちらも事前予約済み。クスクスをちょうど食べ終える頃に供されました。本来なら1時間以上かかる料理ということです。

ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_02ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_03

 タジン鍋ですよ。蓋をはずすとそこは…羊肉様! すごいケモノ肉の様相でおわします。ラムのスネ肉だということです。これをナイフで切り分けて、いただきます。
 あああっ! なんじゃこりゃ! 美味い! ちょっとカレー味っぽいのはターメリックでしょうか。ポテト、ピーマン、オニオンは形を残したまま入っています。ラムはほどんど臭みなし。軟骨、皮、肉。切り分ける肉の間からは、甘いガーリック片が出てきます。美味いなあ。苦手な香草の味もしない。気がつけば、カニを食べてる時と同じくらい黙って黙々と食べてます。

 これは一人ではとても食べきれません。複数人で来て、ぎゃーぎゃー言いながら食べるのがベストです。ネット上ではレシピが見つからなかったので、書籍を調べるか厨房のシェフに聞くしかありませんね。

「オジャ パン付き」¥780
 一体どんな味か見当もつかずオーダーしてみましたが、見たままの味でした。玉ねぎ、トマト、赤パプリカなどを玉子でとじた料理です。赤い油分は、もしかしたらさっきのクスクスのものと同じかも知れません。これもクセのない料理で、サラッといただけます。美味しい。
 これに、フォカッチャが付いています。フォカッチャの甘みがよく合いますね。そして最後に大技、ムスリ鍋の残りスープに浸して食べる! これがいい!

ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_07

「ブリック」¥700
 最後はデザート的にこれをいただきます。チュニジア料理の定番の「卵料理」だそうです。春巻きのような料理で、揚げたパリパリの皮に包まれています。中身はポテトやパプリカを卵で和えたもので、チーズも入っているようですね。うん、これも美味い。デザートというより、充分主食になる料理です。もちろん、残りのハリッサをちょいちょいつけていただきました。

ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_08

 お酒は、日本やチュニジアや各国のビール、ワインなど、品揃えは豊富です。それもありがたいです。

 いやあ、チュニジア料理をナメちゃいけません。もちろん日本人の舌に合わせてアレンジをして下さっているとは思いますが、メチャメチャ美味しかったです。どうあがいても家で作れそうにないので、ここに食べに来るしかありません。隠れた名店ですよ、ここは。大満足。
 ごちそうさまでした。

ブラッスリージェルバ板橋志村チュニジア料理180526_09

最寄駅 都営三田線「志村坂上」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  9
好き度・リピート感 8

ブラッスリージェルバアフリカ料理 / 志村坂上駅本蓮沼駅

夜総合点★★★★ 4.5



食べログ グルメブログランキング 09:15 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


葡萄の葉とは粋なことを! 高島平の純和食「味田中」の格安フルコース。

     
味田中高島平板橋和食海鮮01鯵フライ定食
¥800

味田中
板橋 高島平


 高島平駅から西に歩くこと1分、見上げると「和食レストラン 田中」の大看板が堂々とビルの上に見えます。まるでドライブインのようです。今までこの大看板に気がつきませんでした。では入店してみましょう、一体どんなお店でしょうか。
 入り口が2つに分かれていて、左は2階へ上がる階段、右は1階席へ。おそらく2階より上の階では、会食、法会、宴会などが行われるのでしょう。私は一階席へ。店内はカウンター席とお座敷のみ。テーブル席はありません。ただ、ご年配に配慮して低座椅子が準備されています。いい心遣いですね。

味田中高島平板橋和食海鮮05味田中高島平板橋和食海鮮07

 どうやら(株)味田中として仕出し弁当事業を展開しているらしく、都内に4店あるようなのが、箸袋を見てわかりました。店内飲食ができるのはここ本店だけでしょう。

 お品書きを見ると、海鮮を主軸とした和食・懐石料理のお店ですね。お刺身、天ぷら、フライ、煮物など、落ち着いた献立が並びます。
 
「鯵フライ定食」¥800
 味田中だけに鯵フライをオーダーしてみました。アジなことやる私。定食、というより「御膳」といいたくなります。だってすごいフルコースなんですよ。前菜サラダ、小鉢、お新香、お吸い物、まではわかりますが、まぐろ中落ちも付くんです。更にさらに、炊き合わせがお櫃で供されます。贅沢な定食です。そして最後は、杏仁豆腐とコーヒーまで。

味田中高島平板橋和食海鮮02味田中高島平板橋和食海鮮03

 まぐろ中落ち、ホンモノです。宮城県塩釜のまぐろだそうです。美味い。トッピングのあおさ海苔も効いています。
 メインの鯵フライも揚げたてホクホクで美味いです。ソースもタルタルも両方付くのがいいんです。ホントに、いいおもてなしですね。タルタリスト(ゴローのパクリ)としては、タルタルでいきます。さすがにオリジナルではなさそうですが。

味田中高島平板橋和食海鮮06味田中高島平板橋和食海鮮04

 ちなみに「お造り」にはえんがわも入っていました。しかもお刺身すべて瑞々しいんです。たいていこういう感じのお店では少しくたびれた刺身が出ることが多いのですが、ここは違いますよ。ホンモノです。
 敷いてある葉っぱがすごくデカいので何の葉か聞いてみると、ぶどうの葉だということでした。粋ですね!

 厨房のご主人は元気です。フロアの女将さんも愛想がいいです。つまり居心地いいんです。お客さんはご年配が多くて結構騒がしいのですが。

 最後のコーヒーは、個人的には余計な気がしました。お刺身のあとに、コーヒーはちょっと…と私は思います。和食の味が舌に残ったままお茶でフィニッシュ、がいいんですけど、コーヒーか…。胃袋がびっくりしてます。

 しかし、この価格でこのフルコース。握りもあるし、新鮮魚介に自信ありのこのお店、あなどれませんよ。もちろん夜もいいかも。ごちそうさまでした。

味田中高島平板橋和食海鮮10味田中高島平板橋和食海鮮09

"キャプション"

最寄駅 都営三田線「高島平」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 6

味田中 高島平本店割烹・小料理 / 高島平駅新高島平駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング 18:32 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR