勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

国内の旅 勝負ランチ

北海道 道北・宗谷の旅

     
日本最北端へ
2016年8月

160801利尻島03

行程
札幌〜増毛〜旭川〜美深〜稚内〜利尻島


今回は札幌入りしてから、車で北上し、初めて稚内まで行きます。途中で、廃駅となる増毛駅や、美深のトロッコ王国などに立寄りながら、利尻島を目指します。

札幌ドーム
160729札幌ドーム01
160729札幌ドーム02160729札幌ドーム03
160729札幌ドーム05
160729札幌ドーム04
日本ハムの本拠地、札幌ドーム。今日はナイターがあります。裏側には、サッカーで使用する天然芝が準備されています。これが、ドーム内に引かれていくとは驚きです。


札幌市資料館
160729札幌市資料館01

旧 札幌控訴院です。1926(大正15)年の建造物をそのまま資料館として活用しています。入口や法廷には、真実を映す象徴の鏡を模したレリーフがあります。国の登録有形文化財に選定されています。

160729札幌市資料館02160729札幌市資料館03
160729札幌市資料館05160729札幌市資料館04
160729札幌市資料館06160729札幌市資料館07
160729札幌市資料館08
160729札幌市資料館09

札幌市資料館HP → http://www.s-shiryokan.jp/

人気の回転寿し「根室 花まる」→ CLIC


厚田漁港

ウニの名漁場、厚田漁港の朝市です。今日はムラサキウニしか上がっていませんでした。キロ1,200円前後で売られていて、その場で剥いていただけます。
160730厚田漁港朝市01
160730厚田漁港朝市03160730厚田漁港朝市04
160730厚田漁港朝市02160730厚田漁港朝市06
160730厚田漁港朝市05


留萌本線 増毛駅

2016年秋に、留萌本線の留萌駅から南は廃線になることが決まり、終点「増毛」も廃駅となることが決まっています。おそらくこれが最後の拝見となるでしょう。かつてニシン漁で隆盛したこの町は、現在は甘エビやウニの産地として栄えてきましたが、列車の利用者がなければやはり…。
160730留萌本線増毛駅03
160730留萌本線増毛駅01160730留萌本線増毛駅02
160730留萌本線増毛駅04160730留萌本線増毛駅05
160730留萌本線増毛駅06160730留萌本線増毛駅07

増毛駅周辺の古い建物群は、北海道遺産「増毛の歴史的建物群(駅前の歴史的建物群)」として認定されています。

駅前には、旧旅館「富田屋」があります。1933(昭和8)年建造、木造三階建てです。その隣は「多田商店(風待食堂)」で、現在は観光案内所として活用されています。高倉健主演の映画「駅〜STATION」のロケ地でもあります。
160730留萌本線増毛駅08
160730留萌本線増毛駅11160730留萌本線増毛駅12
160730留萌本線増毛駅13160730留萌本線増毛駅09
國稀酒造は、日本最北端の酒蔵です。聞き酒コーナーが活発です。
160730留萌本線増毛駅10

「すが宗」格安の甘えび丼 → CLIC


旧増毛小学校
160730旧増毛小学校01

1936(昭和11)年建造の道内最大最古の大型木造校舎です。2011(平成23)年まで使われていましたが、老朽化のため学校機能は移転し、現在は建物が静態保存されています。7月には、校舎を使って「肝試し大会」が行なわれたそうで…。そういう意味では動態保存でしょうか。

160730旧増毛小学校13
160730旧増毛小学校02160730旧増毛小学校03
160730旧増毛小学校04160730旧増毛小学校05
160730旧増毛小学校05160730旧増毛小学校06

グラウンド前にあるコンクリートは、おそらくセンターポール台でしょう。
160730旧増毛小学校07

圧巻は体育館。巨大空間を豪雪から守るための木造設計でしょう。特徴的な造形をしています。迫力ありますね。
160730旧増毛小学校10160730旧増毛小学校11
160730旧増毛小学校12160730旧増毛小学校08

160730旧増毛小学校09


旭山動物園
6年ぶり2度目の旭山動物園です。夕方16時に閉門ですが、到着したのが16時03分。何とかアタマを下げて入れてもらいました。ちょうど、園内最後のもぐもぐタイム、カバのお食事が見られました。
160730旭山動物園01160730旭山動物園02
160730旭山動物園03

旭川の超絶居酒屋「独酌 三四郎」の新子焼き → CLIC



美深トロッコ王国
160731美深トロッコ王国01

1985(昭和60)年に廃線となった旧国鉄 ・美幸線の終着駅「仁宇布(にうぷ)」駅の手前5kmほど鉄路を残し、そこにトロッコを走らせるアミューズメントです。片道約5km、時間にして往復で40分前後のレールウェイです。

160731美深トロッコ王国02160731美深トロッコ王国03
160731美深トロッコ王国04160731美深トロッコ王国05
160731美深トロッコ王国07

自分でアクセルを踏み、ブレーキをかけます。最速で時速30km/hほどのスピード感あふれる行程です。

[広告] VPS


160731美深トロッコ王国06

美深で出会った絶品味噌ラーメン「すゞや食堂」→ CLIC


旧 天北線 中頓別駅
160731中頓別駅01

旧 天北(てんぽく)線の廃線に伴い、1989(平成元)年5月1日に廃駅となりました。現在は稚内と音威子府を結ぶ路線バスなどの発着駅として機能しています。駅舎の中は、天北線の遺産であるタブレットやサボが展示されている「資料館」となっています。メモリアルパーク、バスターミナルとして再出発した駅です。

160731中頓別駅02160731中頓別駅03
160731中頓別駅05160731中頓別駅06
160731中頓別駅07160731中頓別駅08
キハ22が静態保存されていますが、劣化が激しいです。
160731中頓別駅04


宗谷岬
160731宗谷岬01

日本最北端の地、宗谷岬に到着です。景色を楽しみながら来れば、そう遠くは感じません。
曇っていたので樺太(ロシア名サハリン)は見えませんでしたが、雨じゃなかっただけでも良しとしましょう。

160731宗谷岬02160731宗谷岬03
160731宗谷岬04

突然、キタキツネの登場です。野生です。テンションあがりますね。
キタキツネ160731宗谷岬06
キタキツネ160731宗谷岬05


稚内
160731稚内01
最北端の鉄道駅「稚内」。感慨深いです。しかし実は過去にはここから1駅、北側に延びる鉄道がありました。
160731稚内02
ノシャップ岬へ足を伸ばすと、民家の庭先に野生のエゾシカが群れていました。地元の方にとっては害獣らしく、いたく叱られていました。
160731稚内03

「網元」の浜焼 → CLIC

稚内港北防波堤ドーム
160731稚内港北防波堤ドーム01

稚内と樺太(ロシア名サハリン)を結ぶ鉄道連絡船(稚泊連絡船)=旧樺太航路の桟橋に、連絡船に乗降する人々や、荷物を運ぶ鉄道を、波浪や風雪から守るために、1936(昭和11)年に完成しました。設計は北海道庁の技師・土谷実 氏。全長427m、柱の総数70本の半アーチ型ドームです。先述の「北海道遺産」に指定されています。
当時はドーム内まで鉄道が敷かれ、仮乗降場扱いで「稚内桟橋駅」が設置されていました。現在は、稚内駅から外へ、その名残の鉄路が50mほど敷かれています。

160731稚内港北防波堤ドーム03160731稚内港北防波堤ドーム04
160731稚内港北防波堤ドーム05

第二次大戦終了と同時に、稚内〜大泊(樺太側)間の稚泊連絡船が廃止されました。鉄道の利用が少なくなったので、駅がなくなり、線路も剥がされました。

160731稚内港北防波堤ドーム02
160731稚内港北防波堤ドーム06

外交上、1850年代に樺太をロシアに渡してしまいました。そのまま大戦後もロシア領のまま。北方四島とは違い、まず還ってくることのない、かつての日本最北端の土地・樺太。樺太に住んでいた日本人やアイヌ人は、この防波堤ドームに何を思ったでしょうか。


利尻島
160801利尻島04

ペシ岬の内側の鴛泊(おしどまり)港に入港します。バスツアーで島の観光名所を巡ります。

160801利尻島01160801利尻島02

「白い恋人」パッケージに使用されている逆さ富士の絵は、このオタトマリ湖に映る利尻山だそうです。しかしここ何日かは利尻山は雲に隠れて見えないそうです。
160801利尻島03160801利尻島05
160801利尻島06

磯焼亭の生うに丼 → CLIC

ウミネコとカモメの違いがよくわかりません。くちばしに赤い模様がなく、足がピンクなので、この方はカモメでしょうか?
160801利尻島08

利尻島は土地が超格安らしいのですが、家を建てるには、船による材料運搬、重機運搬と使用料、工事関係者の着工から完成までの宿泊日数や渡航費などを考えると、都会よりお金がかかるかも知れないそうです。


オロロンライン
160802オロロンライン01
稚内から海岸沿いを、サロベツ原野まで走らせました。まっすぐな道と、何もない平野。北海道の内陸では道はまっすぐでも、丘陵地帯が多いために平原が広がった土地は少ないですが、オロロンラインは違います。これぞ北海道。
160802オロロンライン02
160802サロベツ湿原原野01


音威子府
「音威子府(おといねっぷ)」駅に立ち寄りました。駅構内で黒い麺の音威子府そばをいただきます。
160802音威子府駅01
160802音威子府駅02

常磐軒の「音威子府そば」→ 詳細CLIC


モエレ沼公園

160802モエレ沼公園01

イサム・ノグチが設計した、大地を彫刻した「モエレ沼公園」。

160802モエレ沼公園02
160802モエレ沼公園03
160802モエレ沼公園05
160802モエレ沼公園04
160802モエレ沼公園06
160802モエレ沼公園07
160802モエレ沼公園08
160802モエレ沼公園09
160802モエレ沼公園10
160802モエレ沼公園11
160802モエレ沼公園12
160802モエレ沼公園13
160802モエレ沼公園14
160802モエレ沼公園15

札幌スープカレー「ベロデカ」→ CLIC


最北端を巡る旅、旅行者にとって夏の北海道は最高の地です。長く厳しい冬の季節を生活している宗谷の人々にとっても、一息つくいい季節ではないでしょうか。
一方で、ニシンの乱獲によって寂れていく町、外交に振り回されて引き離された島、人口の減少で廃線に追い込まれる鉄路…など、時代の変化によって、北の大地には多くの遺産が産まれています。やはり、日本はどこへ行っても、学ぶことが多いです。宗谷地方、遠いだけではなく奥が深い土地でした。

食べログ グルメブログランキング 18:18 | トラックバック:0 | 国内の旅 |TOP


房総 勝浦の旅

     
katuura_gyokoh02

小湊鐵道・いすみ鉄道制覇、勝浦タンタンメン制覇
2015年11月

市原〜房総 勝浦


平日休みを利用して小旅行です。目的は2つ、初日は小湊鉄道といすみ鉄道を楽しむこと、2日目は勝浦の朝市。でしたが、勝浦に行く日は朝市が休みであることが前日に判明して落胆…で美味しいものを食べるという目的に変更して、出発です。

katuura_travel01

JR外房線「五井」で小湊鉄道に乗り換えます。しかし小湊鉄道が先週、急にダイヤ改正を行ない、新時刻表をHPにアップしていないため、接続は最悪なことに。余裕を持ったスケジュールだったにも関わらず、最初の目的地「高滝」に到着する時間が1時間半のずれ。悪びれない会社の態度にストレスをためながらも、車窓を楽しみました。ほんと、最悪。

katuura_travel02

窓を開けて風を入れます。千葉内陸の田園風景を眺めて、気を取り直します。

katuura_travel03katuura_travel05

ダイヤ改正のせいで「上総牛久」で降ろされ、次の列車を待ちます。そこで見たのは、ハテやハフなど珍しいオープンデッキ風客車を牽引するSL。調整中のようです。この「里山トロッコ号」を運行させるためのダイヤ改正だったようです。
しかしこの3日後、機関車のサイドロッドの一部が破損したとのことで「里山トロッコ号」は無期調整に。これから紅葉を観に客が押し寄せる時期なのに。「ダイヤの怨念」でしょうか。

katuura_travel04

2つ先の「上総鶴舞(つるまい)」は、「関東の駅百選」に選定されている名駅舎です。大正時代の開設当初から変わらぬ佇まいが評価されています。ドラマ・CM・写真集など、現在も多くの撮影が行われています。

そして高滝入りし、最初の目的地・市原湖畔美術館へ向かいました。


市原湖畔美術館
katuura_travel06

風が気持ちいい高滝湖の湖畔に建っています。
設計は「カワグチテイ建築計画」、ロゴ・サインはデザインセンター「色部デザイン研究室」。
今の期間は「浅葉克己展」をやっていました。

市原湖畔美術館 CLIC → http://lsm-ichihara.jp/

katuura_travel07katuura_travel08
katuura_travel11katuura_travel10
katuura_travel12

白鳥や鳶など野鳥が謳歌する水辺です。
高滝湖はダム湖で、下の写真で「高滝駅」の後方にダムが見えます。

katuura_travel13

katuura_travel15
右が小湊鉄道キハ208、左がいすみ鉄道の新車両キハ20 1303型。両鉄道とも非電化。

ようやく中間点「上総中野」に到着。ここで小湊鉄道からいすみ鉄道に乗り継ぎます。

しかし予定はすでに1時間半おし。もうひとつの目的地「国吉」のポッポの丘はあきらめるしかありません。小湊鉄道め。プレスより利用者に伝えろっっちゅうの。

katuura_travel14katuura_travel16
                       車窓 右上に大多喜城が見えます。
katuura_travel17

今夜のディナー CLIC → 「割烹 中むら」


宿はホテル三日月の西側に隣接する温泉宿「黒潮の宿 臨海荘」。

katuura_travel20

勝浦の朝を迎えます。奮発して海側を予約しておいたので、絶景オーシャンビュー。明け方までの雨の影響で、残念ながら日の出は見えず。

katuura_travel18katuura_travel19

朝市はありませんが、漁港付近を散策します。汐のいい香り。

katuura_gyokoh02

katuura_gyokoh03katuura_gyokoh04
katuura_gyokoh05katuura_gyokoh06


katuura_gyokoh09

katuura_gyokoh10katuura_gyokoh07
katuura_gyokoh11



katuura_gyokoh12

katuura_gyokoh13katuura_gyokoh14


katuura_gyokoh15

katuura_travel21katuura_travel22
港につきもののネコ。仔猫。          廻船問屋の立派な居城。
katuura_travel23
勝浦を後にして「鵜原」に向かいます。

今日のランチ CLIC →「こだま」タンタンメン

katuura_travel24

鵜原駅から海中公園まで歩きました。トンネル5つをくぐり抜けます。トンネルとトンネルの間に、たまに素敵な景色が広がります。

katuura_travel25katuura_travel26

海中公園には入らず「海の資料館」を見学。しっかりした展示で観やすい資料館でした。
外から磯を眺めて、旅の終了です。また鵜原まで20分歩いて、外房線に乗り込みます。
帰りは快適な「わかしお14号」で東京直帰。美味しい旅でした。
食べログ グルメブログランキング 09:01 | トラックバック:0 | 国内の旅 |TOP


犬吠埼散策

     
inubouzaki02犬吠埼をぶらり散策
2015.3.30

千葉県銚子



inubouzaki01







千葉県銚子を散歩。立ち寄ったのは犬吠埼の灯台とうおっせ市場。そして近くの温泉でひとっ風呂。

choushi_uossemarket01
choushi_uossemarket03
choushi_uossemarket02
食べログ グルメブログランキング 09:47 | トラックバック:0 | 国内の旅 |TOP


長岡の旅

     

新潟長岡
2014.7

shinanogawa01

夏の長岡は暑い。信濃川の雄大な流れがひとときの涼を与えてくれる。

nabaokazoukeidai3
nagaokazoukeidai2
nagaokazoukeidai1
nagaokazoukeidai4
長岡造形大学を訪問。デザインと建築、ランドスケープに特化した教育を行っている。この4月から公立になった。駐車場がやたら広いのは新潟では車中心の生活であることがうかがえる。バスの本数が少ない意味がわかる。バス待ちは暑くてまいった。校舎はコンクリ打放しでひんやり。吹き抜けを巧みに使い、コモンスペースも広く、普通にベルトイアのダイヤモンドチェアやブロイヤーのワシリーチェア、倉俣史郎のハウ・ハイ・ザ・ムーンなどが置いてある。うーん。いい環境で学生は学んでいる。先生方は、みなさん新潟愛を多分にお持ちで、県内の様々な場所や団体と協力して研究授業を行っている。

nakajimakyusuitou1
信濃川のほとりに建つ旧中島給水塔。1927(昭2)年建設、給水塔設計の旗手、中島鋭治氏の設計。長岡の生活を支えてきた誇りが感じられる佇まい。夜はライトアップされる。一時、ライトアップを止める決定がなされたそうだが、信濃川を挟んで建つ日赤病院の入院患者から、あの灯を消さないで欲しいとの申し入れがあり、復活したそうだ。AKB48の「So Long!」のプロモーションロケ地。

nagaokachuoudori1
cityhallplazaaore3
長岡市内は明日から始まる「長岡大花火大会」で盛り上がっている…と思いきや人通りはまばら。駅から300mも歩けば寂れた商店街が。しかしよく見ると細々と営業している。が、シャッター通りもある。次の日、どこからこんなに、と思うほどものすごい人の数。踊り子さんたちも大挙押し寄せて大盛り上がり。私は宿がとれなかったので、新幹線で帰京。随所に冬の生活の大変さをうかがわせる長岡だった。


食べログ グルメブログランキング 22:05 | トラックバック:0 | 国内の旅 |TOP


大分・熊本・福岡の旅

     
温泉、温泉、雨、温泉
2011年8月

行程
大分国東半島〜由布院〜黒川〜
熊本くじゅう〜阿蘇〜山都〜博多

富貴寺
fukiji

まず国東半島の中心、山奥にある富貴寺へ。国宝の大堂は平安建築で、12世紀の建築ということ。なにか生物的な存在感を感じる建造物だ。人はほとんどいない。あいにくの雨で建物は閉ざされたままで中を拝観することはできず。
この後、別府湾の日出で城下カレイを食す。

hukuoka813kei
815系車両。水戸岡氏のデザインにしては「やりすぎていない」親近感を感じるデザインで色彩がかわゆい。これぐらいがちょうどいい。JR日豊線日出駅周辺にて。

onsenbeppu01
別府の街は湯気だらけ。硫黄の香りは地球の呼吸。ぜいたくにも日本三大温泉の別府は素通り。

由布院
yuhuinstation01
由布院温泉。駅舎は大分県出身の磯崎新が設計、1990年( 平成2)竣工。駅から東に延びる散歩路は一歩間違えば清里のえげつない観光商店街となってしまうほどお土産屋が軒を並べる。が、質の良いお店が多いので充分楽しめる。宿泊した宿は「野蒜山荘」で、街から離れた静かな宿。落ち着ける。

九重夢吊り大橋
kujuyumetsur
九重夢吊り大橋。張られたワイヤーのRが美しい。高さ、距離ともに規模が大きい。大滝を2本眺めながら、緊張感を楽しむ事ができる。アイスクリーム美味し。

kujurenzan
国立公園の九重。気持ちのよい「やまなみハイウェイ」を、くじゅう連山を望みながら阿蘇方面へと突っ走る。

くじゅう花公園
kujuhanakoen02
kujuhanakoen01
くじゅう花公園。比較的自然にまかせた植栽やガーデニングが多く見られた。北海道を思わせる広大で涼しい公園。東京ではあまり流通していない植物も含めて、多くの植物の販売もしている。

黒川温泉
kurokawa01
kurowaka02
黒川温泉は、2000年前後から突然メディアに登場して一躍世界的有名温泉に。川沿いの路の両側に侘びた宿が並ぶ。組合ぐるみでコンセプトを守っている。宿泊は一番奥の「黒川荘」。屏風岩を眺めながら広くて碧いお湯の露天風呂。何時間も浸かっていたい。

CLIC → 黒川荘 ホームページ

kurokawa04
ある旅館前のコンテナ。美しい。

kurokawa03
黒川荘でのディナー。馬刺!


阿蘇
kujuaso01
阿蘇山のカルデラ。大雨。ガイドブックに乗っているような、大草原に腰を下ろして馬たちの疾走を眺めることは夢と終わった。ロープウェーは動いていたが上からは何も見えないとの情報で断念。雨、大雨。


通潤橋
tsujunkyo02
tsujunkyo03
tsujunkyo04
tsujunkyo01
熊本県山都の「通潤橋」。環境デザインの資料によく出ていたのでどうしても見たかった場所。1854年に農業用水の水路として建造。農閑期に水路の内部の砂泥を除くために放水を行っていたが、その姿が壮大で美しく観光として人気が出てきたため、ツアーの希望に応じて放水を行うようになった。いつ放水するかはクライアントがいるかいないかで決まるので、運次第。江戸時代の石工の技術に見とれるが、はたして純粋に建造されたのか、米を確保するために権力によって過酷な労働で作られたのか、わからない。この付近には、規模は通潤橋ほどではないが多くの石造り単一アーチ橋が架けられていて、街道沿いに巡るのも楽しかった。

九州新幹線 つばめsakura01
sakura02
sakura03
sakura04
熊本〜博多間は九州新幹線「つばめ」に乗車。水戸岡氏デザイン。先頭部は機能性からくる形なのかどうかあまり語られていないが、一世代前のあこがれの車両風で815系同様やりすぎていないところで評価できる。内装では、簾風のサンバイザーが良い。JR九州が予算に糸目をつけず水戸岡氏を信頼しきっているのがよくわかる。

ライブハウス 照和
showa02
showa01
天神の駅前にある、伝説的ライブハウス照和。この日は夜のイベントはないとのことで昼間の喫茶タイムに訪問。お願いしてステージに灯を入れていただき、ステージに立たせてもいただいた。井上陽水、甲斐よしひろ、長渕剛、藤井フミヤなど、福岡を代表するシンガーは皆このステージから野望を現実にしてみせた。後ろには有名なサイン壁。チューリップ、海援隊などのサインが。ポツリポツリと入店する客たちも大体同世代で、話してみると全国から観光で訪れてきている。

CLIC → 照和 ホームページ

福岡ドーム
fukuokadome01

絵本作家の元同僚の先輩と酒を酌み交わし、九州国立博物館に立ち寄って、この旅は終了。
食べログ グルメブログランキング 23:19 | トラックバック:0 | 国内の旅 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR