勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

企画展リポ 勝負ランチ

最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて

     
01shoutoubijutukan02.jpg最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて
2016.1


松濤美術館




01shoutoubijutukan01.jpg01shoutoubijutukan03.jpg

建築設計は、大御所・白井晟一 氏です。「静岡市立 芹沢銈介美術館 」などを設計しています。奇抜な曲面を取り入れたファサードですが、優雅さも同時に感じます。

01shoutoubijutukan04.jpg01shoutoubijutukan05


「最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて」を観にきました。
1893(明治26)年に富山県射水(いみず)に生まれた石黒宗麿。曜変天目に惹かれ陶芸家を志した彼の、生涯を通じた飽くなき探究心、好奇心、研究の継続こそ敬服するべき見所です。

1955(昭和30)年2月15日、「鉄釉陶器」の技術が重要無形文化財として初の人間国宝に認定されました。この時、陶芸家では石黒の他に、富本憲吉、濱田庄司、荒川豊蔵が認定されました。すごいメンツ!いずれも説明不要の巨匠ですね。
弟子には清水卯一がいます。それもすごい…。

様々な技法を体得した、それぞれの時代の名作が展示されています。形も優雅であったり攻撃的であったり緊張感ありますが、見事なのは釉薬と絵文の技術。描き直しがきかない土の上に、クロッキーをサラッと描いてみたり、釉を掻き落としてみたり。しかもそれが、上手い。
とにかく圧巻です。一つひとつゆっくりとなめるように拝見します。指の感触や息づかいか感じられます。

01柿文0101石黒黒楽01
彩瓷(さいじ)柿文壷              黒楽茶碗

01石黒魚文0101石黒指跡01
黒釉刷毛目魚文平鉢               刷毛目指頭描茶碗
食べログ グルメブログランキング 09:13 | トラックバック:0 | 企画展リポ |TOP


浅葉克己 展

     

浅葉克己展 〜巨匠シリーズ三人目
2015.11

市原湖畔美術館
千葉県市原市

ichihara_asabakatsumiten01

ichihara_asabakatsumiten02ichihara_asabakatsumiten03
ichihara_asabakatsumiten05ichihara_asabakatsumiten06

少し変わった立ち振る舞いでぎらぎらした個性を放つ浅葉さんですが、作品を見ればいたって真面目な研究家であることがわかります。文字や印刷に関して、並外れた好奇心と表現センスを持っています。トンパ文字や円盤文字、楔形文字を研究して、作品に活かしてきました。
日本卓球協会評議員を務めたり、世界卓球選手権のポスターを手がけたり、卓球界にも精通しています。その卓球を題材にしたグラフィックだけの部屋も用意されていました。そこに使われている文字や写真の選択が、やらり飛び抜けてカッコいいのです。

ichihara_asabakatsumiten04ichihara_asabakatsumiten09
ichihara_asabakatsumiten07ichihara_asabakatsumiten08

中島敦の小説 「文字禍」を活版で印刷した作品が展示されていました。
21Point(2号明朝)の「イワタB2明朝」をベタ組した版で、Mr.Bホワイト4/6y180kgに印刷されています。イワタB2明朝とは初めて見ましたが、力強さとしなやかさを兼ね備えた美しい書体でした。この書体を選ぶセンス!
食べログ グルメブログランキング 21:26 | トラックバック:0 | 企画展リポ |TOP


六本木デザイナーズフラッグコンテスト2015

     
2015roppongiflag1六本木デザイナーズフラッグ
コンテスト2015

2015.3.11〜4.9

六本木商店街





コンテストに入選しました。上記の期間、六本木交差点から東へ行った地下鉄入り口前に掲示されました。コンテストのテーマは「昼と夜」。この作品のタイトルは「闇の恵み、光の恵み」。こうやってはためいているのを見ると気持ちのいいものです。

2015roppongifragcompe62015roppongifragcompe3
2015roppongifragcompe22015roppongifragcompe4
2015roppongifragcompe12015roppongifragcompe5
食べログ グルメブログランキング 21:20 | トラックバック:0 | 企画展リポ |TOP


サン・アド創立50周年

     
sunadten01Orange! サン・アド創立50周年記念展覧会
2014.9

Gallery 916
竹芝




東京オリンピックが開催された1964年に誕生した広告制作会社「サン・アド」。ライト・パブリシティなどとともに、広告制作専門の集団として日本の高度経済成長期から現在まで、多くの広告を制作し、また多くのクリエイターが育ち輩出されてきた。

sunadten02sunadten03
一番有名なクライアントはサントリー。1958年に柳原良平が生み出したアンクルトリスとともにサン・アドは一躍スターダムに。開高健や初代貴ノ花ら時代の象徴的なキャラクターを大胆に押し出して、国民的なCMや広告を制作してきた。

sunadten05sunadten04
sunadten08sunadten06
印刷物や映像のみならず、V.I.分野の仕事も多く、ロゴタイプやマーク、パッケージや様々なアプリケーションのデザインに関わっていて、その数と質に驚く。

sunadten09sunadten07
コピーも印象的なものが多い。会場にはコピーライターたちの苦悩と努力の結晶がナマのカタチで額装されている。

電通や博報堂にシェア的には負けているが、仕事の質は劣らない。むしろ、人間臭いあたたかさを感じる広告やV.I.が多く、この50年の歩みに感服する。

食べログ グルメブログランキング 17:31 | トラックバック:0 | 企画展リポ |TOP


戦後日本住宅伝説 展

     
sengodensetsu06戦後日本住宅伝説
2014.8.16

埼玉県立近代美術館
北浦和




美術館前に大きな噴水があり、2時間毎に派手な噴水ショーがある。少女もびっくりの噴水はライトアップもあるらしいので夜も見たいところだが、なかなか。

企画展は、戦後から1970年代を中心に建設された日本のコンセプチュアルな住宅建築を、現在の視点であらためて特筆する企画だ。すべて世界に誇れる建築、世界に誇る建築家である。

印象に残った建築をいくつか。例えば毛綱毅曠の「反住器」。厳寒の北海道に年老いた母のために建てたという建物は、攻撃的ながら暖かみのある開放的な空間。生活感のない造形処理とも見えるがお母さんがいい具合に生活家具を適当に散らして、生きた空間が出来上がっている。
また、下の写真の東孝光塔の家」は1967年竣工。敷地面積6.2坪、約20平方メートルの狭い立地に地下1F地上5F建て鉄筋コンクリート打放し仕上げ。並外れた造形能力が成し遂げた生活空間だ。

sengodensetsu01.jpgsengodensetsu05.jpg

sengodensetsu02.jpgsengodensetsu04.jpg
東孝光塔の家」                 安藤忠雄「住吉の長屋」1976

sengodensetsu03.jpg
伊東豊雄「中野本町の家 White U」1976

他にも白井晟一「虚白庵」や、食う寝る排泄するを生活のコアとして依頼された増沢洵「コアのあるH氏の住まい」など、斬新なコンセプトを豊かな造形力で解答する建築家の神髄を一堂に介した展示だ。

CLIC → ホームページ

食べログ グルメブログランキング 23:29 | トラックバック:0 | 企画展リポ |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR