勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

全国 勝負ランチ

楽しい女将さんと最上の肴、萩の海鮮酒場「季節料理 いすず」。

     
いすず季節料理海鮮01あまだい塩焼き
¥2,000(推定)

季節料理 いすず食堂
山口県 萩


 通り沿いに小洒落たお店があると知って訪れましたが「本日は予約客のみご案内」の張り紙が。現在18:00ちょっと前ですが、のぞくと客は一人もいません。もうええわと、ヒガんで捨て台詞。さて、では路地を曲がりましょう。

 ありましたよ、堂々たる暖簾が。「季節料理 いすず」。ここでしょう。向かいには土塀、風情があります。ではお邪魔します。

 元気な女将さんが迎え入れてくれます。カウンターはちょうど満席で、小上がり席に座りました。女将さんはどのお客さんにもとりあえず「お刺身の盛り合わせでもお出ししましょうか?」と聞きます。はい、ぜひそれを下さい。値段が書いてないのでちょっと不安ですが、海鮮には自信がありそうなので委ねてみましょう。

 女将さんは50年以上このお店を守っているそうです。歴史がありますね。食べログ掲載のオープン日は1974年になっていますが、移転でしょうかね。

 こちらは「赤うに」がウリのお店のようです。今日はあるのかと聞くと、あるけど今日は高いですよ、とのこと…。普段は1,000円台で提供できるそうなのですが、ここ数日ウニが食べる海藻がやられてしまってウニがほとんど上がらず、今日は1柵4,500円なんだそうです。そんな…。
 それでもお酒メインではない丼ぶり目当てのお客さんたちは、ウニ丼をオーダーしていきます。しかし2人客には2人で一杯という制限がついていました。さすがに身分を考えると私はその値段では手が出ません。本当に残念です。

 しかし起死回生というか、萩の名物「あまだい」が今日は美味しいですよ、とのことで、それを塩焼きでいただくことにしました。

 お客さんや女将さんといろいろお話しして、楽しい時が過ぎていきます。いい酒場ですね。スカしたお店より、こういう感じがいいんですよ。ここで正解。

「刺身盛り合わせ」は真鯛、鰤、蛸、烏賊、蚫のラインナップ。「ぜんぶ卸したてですよ!」と女将さん。そうでしょう、この食感は。刺身の味が濃いいことったら。

いすず季節料理海鮮02いすず季節料理海鮮03
お刺身盛り合わせ

 醤油の話ですが、このお店がある路地に入る大通り沿いに、創業104年目の「ミヨシノ醤油」の醸造所があります。三連切妻屋根の蔵は萩市の景観重要建造物に指定されています。女将さんの話だと、ここの醤油も甘いそうです。山口県は九州の醤油文化に属するのでしょう。特に萩の醤油は山口でも一番甘いそうです。こちらのお店ではそれほど甘くない別の醤油を使っているようです。

あまだい」。これが美味い! しかも大きいんです。塩焼きなのに甘みがあります。身ももちろんですが、カシラの周りがいいんです。目の裏とか、エラの裏とか。これは日本酒が進みます。うーーん。美味しい。萩の幸、最高です。

 赤ウニはいただけませんでしたが、かなり満足です。肴よし、会話よし、雰囲気よし。萩の老舗で楽しいひと時を過ごしました。奥の厨房のご主人をお見かけすることはできませんでしたが、ごちそうさまでした。

いすず季節料理海鮮04いすず季節料理海鮮07

最寄駅 JR山陰本線「東萩」(山口県萩市
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 7

「季節料理 いすず」紹介ページ CLIC → https://tabiiro.jp/gourmet/s/305254-hagi-isuzu/
CLIC → http://www.hagishi.com/search/detail.php?d=300004

季節料理 いすず丼もの(その他) / 東萩駅

夜総合点★★★★ 4.0


食べログ グルメブログランキング 18:00 | トラックバック:0 | 全国 |TOP


広島お好み焼きの原点「みっちゃん」。ヒロシマ再興の立役者にあっぱれ。

     
みっちゃん總本店八丁堀広島お好み焼き04コウネ
¥700

みっちゃん總本店 八丁堀本店
広島八丁堀


 広島風お好み焼きの立役者、みっちゃんが興したお店「みっちゃん總本店 八丁堀本店」へ。
 広島お好み焼きといえば20年ほど前の武蔵小金井「へんくつや」。大学生の時に始めて食べた「そば入り」。カープマニアでパンチパーマのゴツいマスターが焼いてくれるそば入りが美味しかった。いつも店を閉まるまで飲ませてくれて、かわいがってくれた。マスターはその後若くして他界され、美人の奥さんがお店を継いだらしいが、まだ訪問できていない。

 日曜日、今夜はカープの試合がマツダスタジアムで行われているのでいつもより空いているはず、と思いましたが、9組ほど並んでいました。しかし店のキャパや料理の性質からして回転は速いだろうと判断、並びます。
 並び始めて15分ほどで店内へ案内されました。カウンター席は少なく、みんなテーブル席で相席です。鉄板から直接イート、は夢で終わりました。

みっちゃん總本店八丁堀広島お好み焼き07みっちゃん總本店八丁堀広島お好み焼き05

「かき焼き」
 牡蠣の鉄板焼きも夢の一つでした。お皿での配膳です。味噌バター炒め。これ、うまっ。「とんかつ 万平」で覚えた禁断の牡蠣バターですが、これもなかなかイケます。鉄板から直で食べたかったなあ。

みっちゃん總本店八丁堀広島お好み焼き03
牡蠣焼き ¥900

コウネ
 始めての体験、コウネって一体何やね。このビジュアル。調べてみましょう。馬のたてがみ? ちょっとビジュアル違いますね。あんな脂の塊みたいなのじゃありません。お? 牛か。牛の前足の脇? 広島の焼肉店でしか食べられない? それか。それだ。コラーゲンとゼラチンに囲まれた肉。で、これ美味い。こんな肉は知らなかったなあ。美味い! 稀少部位なのか。ゆっくり食べよう。東京では喰えんからな。

みっちゃん總本店八丁堀広島お好み焼き04
コウネ ¥700

「お好み焼き 豚玉 スペシャル」
 さて、広島お混み焼きの原型をいただきましょう。うん、素朴。そばの焦げ目がステキ。ソースもいい。ソースはオリジナル。なるほど、美味い。もやしがたっぷりで、水分多めの食感です。底面の皮も少ししんなりしてるんですね。これも鉄板から食べたかった。

みっちゃん總本店八丁堀広島お好み焼き01みっちゃん總本店八丁堀広島お好み焼き02
お好み焼き 豚玉 スペシャル ¥1,100

 超絶の美味しさ、というわけではありません。しかしこれが原点なんですね。まだ日本経済が安定する前に、庶民のために生み出された味です。みっちゃんは日本の大きな功労者です。ごちそうさまでした。

みっちゃん總本店八丁堀広島お好み焼き06
マヨネーズのキャップも赤ヘル

最寄駅 市電「八丁堀」(広島市)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 7

みっちゃん総本店 八丁堀店お好み焼き / 八丁堀駅女学院前駅立町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9


食べログ グルメブログランキング 08:46 | トラックバック:0 | 全国 |TOP


旅人を惹きつける紅字の暖簾、駅前お好み焼き「麗ちゃん」。

     
麗ちゃん広島お好み焼き01豚玉チーズそば
¥910

麗ちゃん
広島市


 朝にお好み焼きを食べるのは初体験です。この暖簾は覚えていますよ。25年ほど前、お金が尽きるところまで旅しよう、と友人達と東京を車で出発しました。もちろんずっと下道で、2日に一回の銭湯、就寝は車中、のビンボー旅行です。行程中ヒロシマへ立寄り、平和祈念公園でお悔やみの頭を垂れ、夜はエキナカのこのフロアへ来て、どの暖簾のお好み焼き屋さんに入るか散々迷い、結局この深紅の「麗ちゃん」の暖簾をくぐったのです。結局、お金は先の「宮島 厳島神社」へ渡る船賃を買うところで尽きる感はあったのですが…、アホな私は宮島ポートのすぐ脇の「宮島ボート」に入場し、船券を買ったのです。
 予想屋のおっちゃんから「握り」で渡された番号と、自分の勘で信じた番号を、1,000円づつ買いました。するとなんと「自分の勘」船券が、大当たり! 60,000円に! 大穴です。これで帰りのガス代を考えてもまだまだ先へ行けるぞ、と。結局、北九州の小倉まで行ってお金が尽き、山陰をまわって帰ってきた旅でした。

 さて「麗ちゃん」は大並びです。しかし広島お好み焼きは回転が速いことがわかったので、待つ事にします。列に並んでいる時にオーダーできます。15人目でしたが15分で入店できました。

麗ちゃん広島お好み焼き06

 以前のように鉄板カウンターを狙っていましたが、相席テーブルになってしまいました。またお皿か…。しょうがない。鉄板前ではシェフ達が4〜5人でガンガン焼いています。しかしじっくり焼きなので、時間はかかります。

麗ちゃん広島お好み焼き05

 きました、「豚玉チーズ」。市松切りの16分割です。そばの色がナポリタンのようです。そんなに焦げはついていません。しかしもっちりしたそばで食べ応えがります。チーズも大正解。チーズの甘さとソースの辛みがON砲のようです。いやBI砲ですかね。王・長島ではなく馬場・猪木です。
 このお好み焼きも、純朴な作りです。昔から変わらず、昔の広島の味を伝えてくれています。美味いなあ。

麗ちゃん広島お好み焼き01麗ちゃん広島お好み焼き02
豚玉チーズそば ¥910

 駅近だけあって、荷物を持った旅行客も多いです。私もそうですが…。しかし朝からこんなに並ぶんですね、お好み焼きに。でも並んだ甲斐がありました。広島お混み焼き、前日の夜に続いての連食です。美味しかったー。ごちそうさま。

麗ちゃん広島お好み焼き03麗ちゃん広島お好み焼き04
豚玉そば ¥780

最寄駅 JR「広島」(広島市)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 8

麗ちゃんお好み焼き / 広島駅広島駅猿猴橋町駅

昼総合点★★★★ 4.0


食べログ グルメブログランキング 08:46 | トラックバック:0 | 全国 |TOP


圧巻のネタと驚愕の安価、名店「鮮魚 おかもと」。

     
おかもと鮮魚店下関01★殿堂メニューが多数あります★
関サバ ¥1,500

おかもと鮮魚店
下関

 下関の夜。その名が全国に知られている「おかもと」に来ました。海鮮好きなら避けて通れないお店です。

 お店に入るとまず圧巻のクーラーケースとご対面です。どれが何という魚だか全くわからないほどの、魚貝ぎゅうぎゅう詰めのケースです。もうテンパッてしまいます。ムーンウォークの足取りで席へ向かいます。

 席にもメニュー表はありますが、ケースまで戻って「これと、これ」という頼み方もできます。確かウニ、大トロ、ふく(=ふぐ)、くじら肉があったのは覚えていますが、ここは冷静なツレに見に行ってもらうことに。
 しばらくしてツレがもッドテ来ました。噛んだ、戻って来ました。どうやら「のどぐろ」を「煮付け」でお願いしてきたそうです。しかも、1,100円だとっ。ツォハッ! でかした!

 さてお刺身を…と思っても、あのクーラーから選ぶとキリがなさそうなので、盛り合わせでいただきます。あとは「関サバ」! 瀬戸内海の幸!

「刺身盛り合わせ」。
 11種類も盛られていました。これで一人前1,000! 参りました。鯛、鰤、鯨、かんぱち、鰹、鯖、鮭、蛸、烏賊、謎の貝など。それぞれは小ぶりですが、これだけオールスターが揃えば大満足。すべて捌き立て。新鮮プリプリ。

おかもと鮮魚店下関03おかもと鮮魚店下関04
刺身盛り合わせ(二人前)¥2,000

「関さば」。
 背と腹あわせて20切れも! 脂ノリノリ。まろやか。歯応えグンバツ。これは食べておかないと損しますよ。美味いっ!

「のどぐろ煮付け」。
 このサイズでこのロープライス。で、うんまい。魚そのものが甘い。だから出汁は甘さ少し控えめ。肉厚で食べるところがたくさんあってなお嬉しい。幸せ。
 せっかくなので山口の地酒「獺祭 三割九分」をいただきます。安くないですよ。お、米の味! 濃いぞ。なるほどこういう味なのか。ジャズな感じです。ある程度日本酒を飲んできていないと、良いと云われる理由がわからない味です。グイグイ飲んだらだめですよ。チビチビいくほうが美味しいですよ。

おかもと鮮魚店下関02おかもと鮮魚店下関06
のどぐろ煮付け ¥1,100           獺祭 三割九分

「ふぐ唐揚げ」。
 たぶん刺身で食べても美味しいんだと思いますが、旬ではないことを考慮して唐揚げにしてもらいました。というのは負け惜しみで、予算面の問題です…。こちらも身が厚く、ホクホクです。もちろん解凍ではないはず。だから水っぽくありません。

おかもと鮮魚店下関05

うに」。
 無理を言ってハーフサイズでお願いしたら、苦笑いこそなかったものの「わかったよっ」てな感じで柵をばっさり半分にぶったぎってくれた模様。ありがとうございます。私は赤ウニを食べた事がないので、これが赤かどうかわかりません。バフンの味ではないので、紫の可能性が高いです。もしかしたら赤かも…いやわかりません。紫っぽい味です。
 経木のような薄いヘラでゴッソリご飯にのせる習慣があるようですが、ご飯はないので海苔にのせていただきます。ここでも貧乏臭い食べ方をしてしまいます。写真の通り、チョボッとずついただくんです。これも、美味いですねえ。

おかもと鮮魚店下関07おかもと鮮魚店下関08
おかもと鮮魚店下関09

 まだ旅は初日。財布事情もあって今日はこの辺でお勘定です。いきなり至福の海鮮タイムでした。瀬戸内と日本海の両方の幸をいただけるのが山口県の魅力です。いやあ、安かった美味かった。ごちそうさまでした。

おかもと鮮魚店下関10おかもと鮮魚店下関11
おかもと鮮魚店下関12おかもと鮮魚店下関13
おかもと鮮魚店下関14

最寄駅 JR山陽本線「下関」(山口県)
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度  10
料理の味・誠実度  10
好き度・リピート感 10

おかもと鮮魚店 居酒屋 / 下関駅

夜総合点★★★★★ 5.0


食べログ グルメブログランキング 18:48 | トラックバック:0 | 全国 |TOP


門司港「焼きカレー」の原点、昔ながらの「伽哩本舗」。

     
焼きカレー伽哩本舗門司港01昔の焼きカレー 2辛
¥870

伽哩本舗
門司港



 2階の大きな窓から関門海峡の青い海が見えました。おおお、と思っていると、私は反対側のカウンターに案内されました。ありゃりゃ…。ん、しかし、目の前にあるのは…「門司港」駅舎! どちらに座っても絶景です。ただ来年まで門司港駅は改修工事のために、全面的に覆われていて駅舎を見る事はできませんでした…。残念。

 ご主人の思いが全国に響いた料理「焼きカレー」。ここ「伽哩本舗」のご主人は門司港出身。戦後間もなくすでに北九州では焼きカレーが広まり、幼少の頃から親しんできた「焼きカレー」にご主人がさらに磨きをかけて、今や全国区の知名度になりました。福岡に本店があるようですが、発祥の地、ここ門司港には2008年に出店しました。

焼きカレー」は特許を取得しています。定義の概要は「バターを塗った耐熱鍋にご飯を入れカレーソースをかけ、卵、そして卵黄が破裂しない様に少量のチーズで被覆し、オーブンで焼いた料理」ということです。ドリアやグラタンの様にチーズを多用するものとは違うそうです。こちらのお店はブラウンルーと自家製ブイヨンを合わせて、味に深さと香ばしさを出すこだわり様です。

「昔の焼きカレー」をオーダーしました。
 昭和30年代にはとろけるチーズなんてものは無かったので、当時に忠実にプロセスチーズを角切りにして載せています。私はプロセスチーズは臭みが少なく好きなので問題ありません。
 ビーフは、九州産黒毛和牛でそうです。こちらはちょっと高級仕様になりました。

 なるほど。これは美味い。ビーフシチューとカレーを混ぜた感じで、チーズトッピングで、さらに半熟卵で、ライスを包み込んだ料理です。この熱さもいい。熱さに負けて溶けないプロセスチーズも本領発揮。本来カレーにはあまり載せない卵も、ここでは活きています。まかない感はまったくなく、筋の通った洋食です。門司は、とんでもない料理を生み出したものです。

 汗をかきながら、一気に食べました。洋食といいましたが、もしかしたらこれ、和食かもしれません。門司港駅の修復が終わったらまた来るつもりなので、再度この焼きカレーと逢えることでしょう。
 ごちそうさまでした。外の海風が気持ちいいです。

焼きカレー伽哩本舗門司港02焼きカレー伽哩本舗門司港03

焼きカレー伽哩本舗門司港04焼きカレー伽哩本舗門司港05
チキンの焼きカレー ¥790

焼きカレー伽哩本舗門司港06

最寄駅 JR・都営 線・メトロ 線「」(区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

「伽哩本舗」HP CLIC → http://www.curry-honpo.com/mojikou-retro.html

伽哩本舗 門司港レトロ店カレーライス / 九州鉄道記念館駅門司港駅出光美術館駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


食べログ グルメブログランキング 18:00 | トラックバック:0 | 全国 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR