勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

池袋,練馬 周辺 勝負ランチ

ジ・オリジン、プルジャダイニング…しかしディードは好みじゃなかった。

     
プルジャダイニング巣鴨ネパールカレー01ディードセット
¥1,500

プルジャ ダイニング 巣鴨
巣鴨


 世田谷区からの出張帰り、小田急線を途中下車しては「本日貸切」、途中下車しては「「臨時休業」。意気消沈して辿り着いたのは巣鴨笑。暗い川沿いをトボトボ歩いていくと、行く手を照らす一筋の光が。ヒマラヤの尾根を星に導かれて歩いて、見えて来た寺院。倒れ込むように扉をひらくと、そこは「プルジャ ダイニング」。

 座れて良かった…。先客は2組。でも私も含めてほぼ同時入店だったようで、オーダーはほぼ同時でした。皆さん、迷いながら蛇の道を歩いて辿り着いたのですね。乾杯。

 オーダーしたのは「ディードセット」。ディードって食べた事ありません。解説によると、そば粉・きび粉・小麦粉・大麦粉・とうもろこし粉をかき混ぜて煮たものだそうです。楽しみです。単品でアラカルトを食べようとも考えましたが、ディードのボリュームがわからないので、来てから判断したいと思います。
 ビールにつくお通しはおそらく「ゴーヤのアチャル」です。いいつまみになります。

プルジャダイニング巣鴨ネパールカレー06プルジャダイニング巣鴨ネパールカレー07

 10分ほどで来ました、ディードセット。なんだあ、これ。写真と少し様子が違うぞ。グレーの岩のようです。グレーガン。コンニャクと見紛うかたまりです。手で食べて下さいとキャプションがあるので、では失礼して。

 あちーーっ! ヤケドレベルの熱さです。突きたての餅ですよこれは。食べてみると…やはり、お餅ですね。油がかけられているようです。だから冷めない。熱いー。手でちぎります。しかし何回かちぎったところで限界。箸とスプーンを駆使していただくことにします。
 味は、餅なので淡白です。で、やたらに腹にたまっていきます。味はやっぱり粉を練った感じで、ひょっとしてライスの方がよかったかもしれません。しかしネパールではお米なんて貴重なものはいつも口にできるわけではないのでしょうかね。心していただきましょう。

プルジャダイニング巣鴨ネパールカレー02プルジャダイニング巣鴨ネパールカレー03

 周りを固めるサムライたちは、中心にチキンカレー、脇侍は芋や大根などのアチャルが数種、辛味噌のような  などです。脇侍たちがいい味だしています。餅の淡白さを補うスパイス和えたち。助かります。
 センターのチキンカレー、これはいい。独特のガラムマサラ。香草系が前面にでてきます。しかし苦手なクセのある感じではありません。クミンの香り、抜群。さすがプルジャ。美味しいチキンカレーです。

プルジャダイニング巣鴨ネパールカレー04プルジャダイニング巣鴨ネパールカレー05

 ディードは、最後はさすがに飽きがきます。一度経験すればいい食べ物かなあ。ライスのほうが私にとっては合うと感じました。第一、餅は重すぎますよ。

 数人で来ればアラカルト料理も楽しめます。食事でくるならセット、お酒も楽しむならアラカルトで。カレーも添え物も美味しかったです。最後にいいお店に当りました。次回はぜひライスで。ごちそうさまでした。

最寄駅 JR・都営三田線「巣鴨」(豊島区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 7

プルジャ ダイニングネパール料理 / 巣鴨駅大塚駅前駅大塚駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


食べログ グルメブログランキング 08:29 | トラックバック:0 | 池袋,練馬 周辺 |TOP


沿線ではなく主要駅に、ひなた史上最大の大箱で登場!

     
やきとんひなた池袋店170419_02牛ハツのロースト
¥580

やきとん ひなた 池袋東口店
池袋


 満を持しての初訪問です。無理矢理平日に時間を作りました。ゴツイ扉は東武練馬「日々是君想」を彷彿させます。閉める時に「バターン!」と大きな音がするので気をつけて下さい。おお、店内広し。ひなた姓では最大級の大箱です。
 メニューは、もちろん寸分違わぬ「ひなた」です。では目隠しして、思い出しながらオーダーしましょう…いやいや今日のおススメも見落としてはいけません。しっかり確認しましょう。
 定番からは、いつもの「かしらあぶら」「ちれ」「たんもと」「レバー」と「ポテトサラダ」。おススメからは…牛ハツのローストをいただきます。周りを見るとワカサギの天ぷらも人気があるようです。店員が多くてレスポンスがいいですね。
 串類はもちろん美味しいです。池袋に開店とあって場所代や人件費などでクオリティが下がる事が心配でしたが、全然大丈夫です。安心。
 牛ハツのロースト、こりゃあいい。山ワサビをのせていただきます。ビールが似合いますね。口に残る事無く美味しくいただけます。うん。
 第二クールは、「焼きチーズカレー」「せせり」などをオーダー。焼きチーズカレーに合わせるのは、もちろん「らっきょ」。よしっ、狙い通りコンビ。いいですよ。焼きチーズカレーは、カーマカレーです。南インドらしいスパイスの味。研究してますね。
 とにかく、池袋に出店する事自体がチャレンジです。もちろん成功してほしいですが、都会にはライバル店が多く、すんなりとはいかないかもしれません。また、大箱なので、満席のにぎわいはありません。広々とゆったりと楽しめるひなたです。らしさはありません。じっくりと、ひなたの魅力を池袋に浸透させていいましょう。ごちそうさまでした。

やきとんひなた池袋店170419_01やきとんひなた池袋店170419_05
ちれ、かしらあぶら、たんした、れば 各¥100

やきとんひなた池袋店170419_03やきとんひなた池袋店170419_04
焼きチーズカレー ¥480           せせり ¥140、玉ねぎ ¥130

やきとんひなた池袋店170419_06

最寄駅 JR・メトロ・東武・西武線「池袋」(豊島区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

「やきとん ひなた」ホームページ CLIC → http://yakiton-hinata.com/
「やきとん ひなた」facebook CLIC → https://ja-jp.facebook.com/yakitonhinata.ikebukurohigashi/

やきとん ひなた 池袋東口店居酒屋 / 池袋駅東池袋駅北池袋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


食べログ グルメブログランキング 08:40 | トラックバック:0 | 池袋,練馬 周辺 |TOP


ネパール料理専門、屋号はズバリ「ダルバート」。都電ビューもオカズです。

     
ネパリダイニングダルバート大塚01ダルバート マトン
¥1,050

ネパリダイニング ダルバート
大塚


 大塚もいいお店がたくさんあります。いくつか未訪の大器店があるのですが、今日はネパール気分。駅前のネパール料理専門店「ネパリダイニング ダルバート」に足を運びました。どストレートの屋号に自信の現れを強く感じます。
 階段を上がり2階。店内奥の大窓の席に座りました。眼下には都電の軌道があります。特等席です。さて、「ダルバート」というお店に来たのだから当然ダルバートをいただきます。お肉を選べますが、もちろんマトンでいきます。ライスの量がわかりませんが、思い切って「特製フライドライス」もオーダーしちゃいます。
 マスターお一人で切り盛りしていました。ただ、あいにくの天気で他にお客さんがおらず、早めの調理・配膳となりました。ラッキー。
 ダルバートはワンプレートに、高菜かケールかの青菜の炒め物「サグ」、ポテトと茄子のスパイシー炒め「タルカリ」、トマトピューレのような「アチャール」、ピクルス、お新香のような野菜付け合わせ、中心にライス、という構成です。そして主役のダルスープは別カップで供されます。ではいただきます。
 ライスにダルスープを半分ほどかけます。そして熱いことは知りながも右手をライスにブッこみます。あちっ。急いで口へ。おおっ。美味い。ダルスープ、いいぞ。タルカリも、あちっ。おお、炒め物もうまいぞ。美味い上に熱いので手の回転が速くなり、落ち着いて食べられません。頭を冷やしてくれるのがお新香?たち。冷めるまで待っていては料理がもったいないので、やはりどんどんかき込みます。
 マトンはどうでしょう。おおお、やはり美味いっ。良く煮込んであって、牛肉かと思いましたよ。しかし味は確かにマトン。ダルスープに合いますね。
 今日のダルは、マース、チャナ、ムスロ、ということです。黒っぽい豆がマースか。チャナはひよこ豆、ムスロはレンズ豆。スパイス類と豆の甘さが絶妙。そこにマトンの野生的な味。最後の方は、スープも炒め物も漬け物もライスの中で混ざり合って、深く、そして広がる、マクロな料理となっていく、それがダルバート。ここのダルバート、クセを抑えて食べやすく、美味いですなあ。
 さて「フライドライス」はといえば、バターチャーハン、いやバタードライカレーといった風情です。これも美味い。バクバクいけますね。ビリヤニとは全然違います。むしろ中華。美味しくないわけがない。これ、毎日食べたいなあ。美味いなあ。
 このお店、気に入りました。大塚にはまだまだ行きたい店がたくさん残されているのですが、偏って通ってしまいそうです。うん、大満足。手からはスパイスの香り。そのまま帰途につきます。ごちそうさまでした。

ネパリダイニングダルバート大塚02ネパリダイニングダルバート大塚03
ネパリダイニングダルバート大塚04ネパリダイニングダルバート大塚05
フライドライス ¥750

最寄駅 JR・都電荒川線「大塚」(豊島区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  9
好き度・リピート感 8

ネパリダイニング ダルバート」facebook CLIC → https://ja-jp.facebook.com/DalbhatOtsuka/

ネパリダイニング ダルバートネパール料理 / 大塚駅前駅大塚駅巣鴨新田駅

昼総合点★★★★ 4.3


食べログ グルメブログランキング 08:55 | トラックバック:0 | 池袋,練馬 周辺 |TOP


昼はカレー専門店の「ブリボン」。男は黙ってカツカレー。

     
bribonブリボンカレー01チキンカレー
¥1,000

Bribon ブリボン
目白


 陽射しは春ですがまだ風が冷たい目白。学習院とは反対方向に歩くと、ランチはカレー専門となるバル「ブリボン」があります。地下に潜入してみましょう。
 広く明るい店内。大きいカウンターに座ります。奥の方はスタンドでしょうか。メニューは、と。プレーンカレーからお子様カレーまで全7種類。野菜カレーに惹かれましたがそれにはお肉が入っていないということなので、チキンカレーにしてみました。ウリはビーフカレーのようです。
 まずサラダともやし味噌が供されます。もぐもぐしているとすぐにカレーが出てきました。土鍋に入れられてグツグツ煮えたっています。ライスは少なめですが、おかわり自由だそうです。ターゲットが女性であることがわかります。ではいただきます。
 味は、キーマに近いです。少し酸味を効かせた味です。ふむ。欧風カレーの枠内で考えると、野菜類のエキスに支えられるコクはあまり感じられません。オリジナルの味といえるでしょう。なかなか美味しいです。
 目に見える具材はチキンのみ。低温調理した柔らかチキン、がウリ文句です。うむ。確かに柔らかいですね。しかし…味がしません。カレーとマッチしていない気がします。カレーはカレーで美味い、肉は肉で柔らかい。そんなカレーです。具材が1つなので余計目立ちます。
 同じスープを使用するならビーフカレーにするべきだったか。A4ランクの牛、美味そうだな。でも、一体感はあるのだろうか。どうせ一体感が生まれないなら、ここはプレーンにガッツリとんかつをのせていただくカツカレーが正解だったと思います。
 カレーそのものは美味しいので、何カレーにするかが岐路になります。あ、そうか。プレーンがいいのかも知れません。それより、夜にワインを飲みにくるのがこのお店の魅力が一番伝わるのでしょう。ごちそうさま。

bribonブリボンカレー02bribonブリボンカレー03

bribonブリボンカレー04bribonブリボンカレー05

最寄駅 JR「目白」(豊島区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  6
料理の味・誠実度  5
好き度・リピート感 4

ブリボン欧風カレー / 目白駅雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


食べログ グルメブログランキング 18:21 | トラックバック:0 | 池袋,練馬 周辺 |TOP


早い時間から島料理で一杯飲る贅沢。

     
池袋八丈島01鯨 サエズリ(舌)
¥850

居酒屋 八丈島
池袋




 早い時間からやっているお店といえばここ「八丈島」。昼から飲む店としては「若大将まつしま」より落ち着いて飲めます。今日は16時過ぎに入店し、3階へ通されました。3階もあるのか。行ってみると、掘りごたつ式のお座敷でした。比較的広々としていてくつろげますね。
 さあ島料理を楽しみましょう。一瞬オリオンビールを頼もうかと考えてしまいましたが、ここは八丈島。勘違いしてはいけません。まず目についたのは「赤イカの塩辛(辛口)」。ぜひいただきましょう。あとは、「寒鮃目の昆布〆」「明日葉の胡麻和え」「ソフトシェルクラブの島唐辛子味噌焼き」などをオーダーしました。

「赤イカの塩辛(辛口)」
なるほど辛口。新鮮。良い塩梅。これはいいアテですね。ゆっくりいただくことにしましょう。
「寒鮃目の昆布〆」
添えてあるのは刻んだ島唐辛子。しかも種入り。これをちょっとだけのっけていただきます。よく締まって味が染みています。えんがわの存在もうれしいです。身が引き締まって歯応えあり。で、唐辛子は…辛い! ほんとにちょっとのっければ充分です。しかし香りがあって刺身に合いますね。
「ソフトシェルクラブの島唐辛子味噌焼き」
脱皮した直後の蟹ですね。殻は柔らかくそのままいただけます。味噌は辛さよりしょっぱさが目立ちます。つけすぎると蟹の味がわからなくなります。でも、この味噌を箸先にちょいちょい付けて、これだけでいいアテにもなるんです。
「明日葉の胡麻和え」
独特の苦みがある明日葉ですが、胡麻と一緒なら大丈夫。栄養価満点。お酒が欲しくなります。これもいい肴だなあ。

さて、追加で「鯨」をいただきましょう。世界的には鯨を食べるなんて蛮業を許すな的になっていますが、大切な島文化ですからねえ。どうしたものか。
盛り合わせは食べきれないので、珍しい「鯨のサエズリ=舌」をいただいてみます。
お店のお姉さんは少しクセがありますとおっしゃっていましたが、そんなに恐れる事はなく、ベーコンのような食感と味です。ルイベ状で供されました。脂が多いのでルイベにはむいています。美味しいじゃあないですか。臭みなんて全く無し。いいですねえ。赤身とセットで食べたらもっと美味しいかもしれません。

お店のお姐さんたちの応対もフレンドリーで居心地いいです。八丈島の幸を存分に楽しめるいいお店です。しかも昼から! 大勢で来ていろいろシェアして食べると楽しそうです。まだ18時前ですが、ごちそうさまでした。

池袋八丈島02池袋八丈島03
ソフトシェルクラブの島唐辛子味噌焼き(ハーフ) ¥550  寒鮃目の昆布〆 ¥800 (奥)赤イカの塩辛(辛口)¥480

池袋八丈島04池袋八丈島05
明日葉の胡麻和え ¥290(サービス時)

最寄駅 JR・メトロ・西武・東武「池袋」(豊島区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 6

居酒屋 八丈島」ホームページ CLIC → http://www.at-ml.jp/71009/

八丈島居酒屋 / 池袋駅要町駅東池袋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


食べログ グルメブログランキング 19:25 | トラックバック:0 | 池袋,練馬 周辺 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR