勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

勝負ランチ

推奨は safari 。


HTMLとCSSの勉強のためにブログを始めてみました。
2014.3.1


Google
     

あふれる美味さとあふれない酒、表面張力の海鮮酒場「おさかなと」。

     
おさかなと_ときわ台_板橋_海鮮_酒場011刺身盛り合わせ(3種類2切れづつ)
¥1,190

おさかなと
ときわ台


 久しぶりにときわ台に降り立ちました。南口の路地には多くの酒場がひしめていますが、以前からチェックしていた「おさかなと」の暖簾をくぐってみました。白木で明るく広いカウンターに座りました。大将とフロアの女性2名で営業されています。若くてツーブロックのオールバックの大将です。18席のキャパとはいえ、大将お一人で料理を作っているので忙しそうです。

 つい先日の大山の酒場と同様、ここも玄界灘からの空輸直送の魚介です。豊洲を通さないのがトレンドになるのでしょうか。お刺身は、1枚単位でオーダーできる珍しいお店です。お寿司感覚ですね。

 大将の忙しさに比べてフロア担当が2人もいるのかしら? 料理担当を1人増やした方が…などと思いましたが、その考えが覆されるのは、後半です。

 ビールはサッポロ「白穂乃香」。酒場でしか出さないビールで、泡の肌理が細かいビールです。

おさかなと_ときわ台_板橋_海鮮_酒場02

「刺身盛り合わせ(3種類2切れづつ)」¥1,190
 穴子、クエ、ぶり、の3種。これらを塩と山葵でいただきます。どれも旬です。高級魚のクエをいただけるとは。クエはおそらく昆布締めかと思いましたがどうでしょうか。さすが冬魚の玉、身が引き締まって美味しいですね。また、穴子の刺身は初めていただくかもしれません。穴子は6枚のっていました。なるほど、味は淡白ながら舌触りが強くて食べ応えがあります。ぶりもいいですね。脂がよくのっていて、一口で食べるのがもったいないです。

おさかなと_ときわ台_板橋_海鮮_酒場04

「野菜のさつま揚げ」¥680
 オーダーしてからフライヤーで揚げ始めます。だからアツアツ。色鮮やかでいかにも美味しそうです。野菜たっぷり。何といってもネリ?つなぎ?が美味しいです。これはいい肴です。

おさかなと_ときわ台_板橋_海鮮_酒場01

 日本酒いただきます。広島の純米吟醸原酒「Check(チェック)」です。ラベルは山口芳水の書。
 見て下さい、この表面張力を! これ、フロア担当の女性のすご技なんです。すごいテクニックです。この女性、存在意義が高いんですよ! 失礼しました! グッジョブ。

おさかなと_ときわ台_板橋_海鮮_酒場03

「銀ダラ西京焼き」¥920
 型は小さめですがいかにも脂がのっていそうです。で、のっていました。美味い。身がホロホロ。西京焼きの味噌の焦げなどまったくありません。丁寧に焼かれたんですね。これは、いい。日本酒によく合います。

おさかなと_ときわ台_板橋_海鮮_酒場05

「真鱈白子天ぷら」¥980
 揚げたての白子は、ご存知の通り美味しいんです。これもプリプリでもちろん美味しい。ころもも比較的薄く、塩が合います。

おさかなと_ときわ台_板橋_海鮮_酒場06

「自家製塩から」¥450
 さすが自家製。美味い。わたが甘いんです。他に何が入っていますかね。いい味です。イカも柔らかくて食べやすい。

 全体的に美味しいけれど、看板メニューが見当たらず、印象が薄れていってしまう可能性があります。新鮮で調理も上手で美味しい、これは前提として大事なんですが、「あの店はあれを食べないと」という料理が欲しいんですね。贅沢な要求ですが。あ! そいうえば、お酒の注ぎ方はこの店のウリになるかも知れません。表面張力の店。

 ときわ台では高級な酒場といえるでしょう。いい海鮮酒場をみつけました。大将の料理、フロア店員の酒注ぎなど充分美味しくて満足しました。そちそうさまでした。

おさかなと_ときわ台_板橋_海鮮_酒場07

最寄駅 東武東上線「ときわ台」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  6
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

おさかなと魚介・海鮮料理 / ときわ台駅中板橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング 19:12 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


海鮮ファンの心をわしづかみ。まるで市場食堂「大山 魚ぞう」。

     
魚ぞう_大山_海鮮_鍋011スーパー海鮮丼
¥1,000

魚ぞう
大山


 雪がチラつく休日。偶然こんな海鮮酒場を見つけてしまいました。店に入る前から夜に来るべきお店なのだと確信しましたが、見つけてしまったものはしょうがない、ランチで訪問です。列車と踏切音がBGMの旅情ある酒場です。

 いかにも夜メニューの『ねぎま鍋』どうしても惹かれて「ねぎま鍋は昼もできますか?」とお伺いすると、首を振られてしまいました。すごく残念…。でもそりゃそうですよね。聞いてみただけです。
あんこう鍋、ねぎま鍋、のどぐろ焼き、天然ぶり大根…。どう考えても夜の店やんか! すぐに再訪するぞ! ああ鉄道でくれば良かった…。

スーパー海鮮丼」¥1,000
 数ある海鮮メニューの中から私が選んだのは、スーパー海鮮丼。スーパーですからね。スペシャルはたまにありますが、スーパーはなかなかないですよ。味噌汁が白菜・大根・えのき茸・にんじんなど具沢山。小鉢は2皿も。確かにスーパーです。

魚ぞう_大山_海鮮_鍋01

 海鮮丼ももちろんスーパーでした。コハダ、アジ、〆サバ、イカ、タコ、イワシ、メバチマグロ、玉子、とびこ、マダイ、ぶり。
 まるで豊洲市場食堂のような贅沢さと新鮮さ。活きのいいネタばかり。旬のネタばかり。ご主人、いい目利きです。ご飯はオーダーが入ってから酢を混ぜているように見受けました。サバやコハダの〆方もいいですね。手間を惜しまない姿勢。スーパーです。
 本マグロにこだわるわけでなく、その日のいいマグロを庶民価格で提供するのもいいですね。大山の海鮮ファンの心をわしづかみです。

魚ぞう_大山_海鮮_鍋02

 背後のテーブルでは大奥方がランチ女子会。裕福な会話で盛り上がっていますが魚については無知で、大将の説明も聞いているんだか聞いていないんだか。私の方がダンボになって一生懸命メモをとっています。ふむ、キジハタは高級魚で、関西でいうアコウのことか。あこう鯛とは違うらしい。そんないい魚を…。

 最後にぶりをいただいてフィニッシュ。大山には魚屋が経営する「渡辺寿司」がありますが、魚ぞうの海鮮も同じように新鮮で美味しかったです。

 間違いなくこのお店は酒と一緒に楽しむお店です。鍋、焼き、煮付け、刺身。4大テノールそろい踏み。大将、ママさん、また夜に来ます。とりあえずランチ、ごちそうさまでした。スーパーな海鮮丼でした。

魚ぞう_大山_海鮮_鍋03

最寄駅 東武東上線「大山」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

魚ぞう割烹・小料理 / 大山駅板橋区役所前駅中板橋駅

昼総合点★★★★ 4.0



食べログ グルメブログランキング 17:42 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


料理好きのオーナーが紡ぐ理想郷空間。本蓮沼「イーハトーブの優しい時間」。

     
イーハトーブの優しい時間_本蓮沼_板橋_洋食011辛口ビーフカレー
¥680

イーハトーブの優しい時間
板橋 本蓮沼


 本蓮沼駅から徒歩1分、2階を見上げると和やかなオーナメントで飾られた小さなお店があります。階段を上がってドアをキィと開けます。オーナーシェフと思われる女性がお一人、厨房から出てきて迎えてくれました。インテリアはファンタジックな世界観を現した雰囲気です。窓からはステンドグラスの優しい光が注いでいます。酒場のカウンターで独り酒を飲む時とは正反対の状況ですが、気持ちは似たものを感じます。落ち着きますね。

 壁メニューを見ると「黒猫もぐー」のランチなどと書かれています。黒猫もぐーって? 調べてみるとオーナーのブログに当りました。オーナーのSNSネームなんですね。
 私の好みは、夜のメニューに多いようです。また夜に来ないといけないお店が増えましたか…。しかしランチも充実のラインナップ。さて何を。

イーハトーブの優しい時間_本蓮沼_板橋_洋食03

 待っている間、冬の陽射しにまどろんでいました。週明けの仕事のことなんて間違っても考えないように、ボーっとすることを意識して。静かな時間が過ぎて行きます。

「辛口ビーフカレー」¥680

イーハトーブの優しい時間_本蓮沼_板橋_洋食01

 一般的な欧風ビーフカレーとは違います。どちらかというとハヤシかハッシュドかという見た目です。その要因は、スープが柔らかいことと、ビーフが薄切りなこと、トマトが目立つことなどです。具材は、スライスビーフ、トマト、ナス、オニオンなど。ライスには胡麻とハーブパウダーが掛けられています。細かいところまで気を使っています。
 味はそれほどトマトの酸味は強くないのでカレーらしい味となっています。意外と辛く、女性や小さな子にとってはもしかしたら大変かも知れません。でも上品なスパイス使いなので爽やかな辛さです。

イーハトーブの優しい時間_本蓮沼_板橋_洋食02

 ナスがいいですね。トマトとナスの組み合わせは「curry 草枕」を彷彿させます。ブロックではなくスライスビーフを使うことで、典型的なカレーらしさを消して、洋食感を強めています。

 ビーフシチューやオムレツなど洋食も充実していますが、パンや焼き菓子、ケーキなどもたくさん準備されています。オーナー、調理好きなんですね。料理に対する研究心と向上心が旺盛なんでしょう。
 手づくりの理想郷を目指しているのがよくわかります。居心地がいいので長居してしまう方が多いらしく、それに苦労しているオーナーの困惑も貼り紙から見受けられました。
 ごちそうさまでした。機会あれば夜に。

イーハトーブの優しい時間_本蓮沼_板橋_洋食05

最寄駅 都営三田線「本蓮沼」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 6

「オーナーブログ」 CLIC → https://blogs.yahoo.co.jp/josephine_kei

イーハトーヴの優しい時間洋食 / 本蓮沼駅板橋本町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



食べログ グルメブログランキング 17:42 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


板橋区最北端の飲食店「まつや食堂」の花チャーハン。

     
まつや食堂_浮間舟渡_板橋_定食022チャーハン
¥540

まつや食堂
浮間舟渡


 浮間舟渡の「まつや食堂」に来ました。近づくと、食堂ファンならずとも垂涎の佇まいです。のれんが鮮やかに風に揺れています。
 ここ「まつや食堂」は、イートインできる飲食店としては「板橋区最北端」の食堂ということになります。区民として愛すべき食堂ですね。

 店内は大箱で、昭和の高度経済成長を支えてきた空気をたたえてます。地元の作業員や会社員が悠然と食事をし、ご年配の方が瓶ビールを傾けています。
 壁を見ればこれまた垂涎の献立が一面に表示されています。もう、またかー。いったいどうしたらいいんでしょう。今の私は何腹なのか冷静に考えます。…。…。そうか、年が明けてまだチャーハンを食べていなかったなあ。では。

まつや食堂_浮間舟渡_板橋_定食05
まつや食堂_浮間舟渡_板橋_定食06

「お水で大丈夫ですか?」とフロアの若きミス。ということは、昼から飲む方が多いお店なんでしょうね。私の顔は、その類いだったのでしょう。み、ミス…水で…。今は休肝日ならぬ休肝時間なんです。水はホッピーグラスなので、この錯覚感だけで充分です。

 ちなみにカレーチャーハンや茄子の辛味噌炒めやかつ丼や唐揚げなど、日本が生んだ素晴らしい食事の数々が、このお店には準備されています。

「チャーハン」¥540

まつや食堂_浮間舟渡_板橋_チャーハン_定食01

540円! 平成が終わるというのにこの価格。愛しき食堂です。チャーハンの傍らには鮮やかな紅生姜。

まつや食堂_浮間舟渡_板橋_チャーハン_定食02

 しかしこのチャーハンの形は…初めて見ました。普通は中華鍋を返しながらおたまにのせて丸い形を作るか、そのまま皿に流して形を成さないかです。…花形。ライス型を調べてみると、この形に近いのは「梅」「菊」「富士」がありますが、山の数を数えると「梅」は八角、「菊」は十角、「富士」は十四から十六角なので、このチャーハンは「菊」型ですね。風流なチャーハンです。

 具材は、チャーシュー、ネギ、卵、そしてナルト。ご飯はしっとり。ご飯の水分も油の量も良い加減で、食べ始めるとパラパラと味が散りばめられていきます。味は薄めで、醤油や塩こしょうのしょっぱさや辛さもほんのりと溶けあう、穏やかな味です。菊を少しづつ崩しながら食べ進める、雅で粋なチャーハン。今年1年の、私の輝かしいチャーハン生活を導いてくれるようです。周りが見えなくなってきました。私とチャーハンの2人きりの世界。レリゴー、レリゴー。ヒアアイアム。蝶のように舞う、アリのままに。

まつや食堂_浮間舟渡_板橋_チャーハン_定食03

 気がつけば最後の一口。気がつけば皿を持ち上げて口に直接かき込んでいました。恍惚の接吻。クララが立った。感動のフィナーレ。ああ、美味い!

 我にかえって厨房をのぞけば、若き大将が鍋を振り上げています。決して寂れた食堂ではなく、これからの新しい時代にも普遍的な食事を作り出していくことでしょう。危ぶむなかれ。ここは、大丈夫だ。問題は、俺なのだ。

 なんだかチャーハンとシンクロしてしまい暴走してしまいました。「まつや食堂」、尊ぶべき聖域です。また参詣させていただきます。礼拝か。とにかく、ごちそうさまでした。わけもなく転がるように店を後にしました。

まつや食堂_浮間舟渡_板橋_チャーハン_定食04

最寄駅 JR埼京線「浮間舟渡」(板橋区
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 9

まつや食堂定食・食堂 / 浮間舟渡駅

昼総合点★★★★ 4.0





食べログ グルメブログランキング 09:38 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


不意にキスされて形成逆転、「上海庭」の角煮炒飯。

     
上海庭_上海料理_神保町_チャーハン022豚角煮チャーハン(扣肉炒飯)
¥750

本格上海料理 上海庭
神保町


 地下へ下ると並んでました。すずらん通りはどこも激戦ですね。大箱の広い店内を見渡すと、真っ黒! 女子も男子も全員と言っていいほどスーツ姿。そういう客層なんですね。五分ほどで着席できました。相席失礼します。
 上海料理といっても、ランチは一般的な献立が多いです。夜は上海蟹やフカヒレがあるようですから、やはり上海を楽しむには夜を待つしかありません。

 マーボー丼と迷いましたが、盛り付けが好みではなかったので結局いつものチャーハンで。

豚角煮チャーハン(扣肉炒飯)」¥750

上海庭_上海料理_神保町_チャーハン01

 ずいぶんと待ちました。たぶん忘れてましたね。一番嫌いなケースです。心中穏やかではなかったのですが、出てきたチャーハンを見て出した答えは「許す」。黒いぞ。好きなケースだぞ。小さめですが角煮がゴロゴロ入っているぞ。うむっ。

上海庭_上海料理_神保町_チャーハン02

 おう。美味しい…。黒い成分が何かはわかりませんが、美味しぃです。これまでのパターンだと あたりが入っているのかなあ。そして角煮も美味い。さすがイチ推しだけありますね。柔らかいし。こういう、醤油と塩胡椒だけでは説明がつかない複雑なチャーハン、愛おしいです。

上海庭_上海料理_神保町_チャーハン03

 アツアツでなかなか冷めないということは結構油を使用しているからかも知れません。やはり中華鍋での高温による一気の加熱は美味しくなりますね。

 待っている時と食べ終えた時の心境の差がこれだけ大きい食事は珍しいです。いつもはマイナスな気持ちを引きずってしまうのですが、今日は不意にキスされてチャラにされた感じです。

 うん、まるで横浜中華街で出されるチャーハンのようです。いや、上海かのようです。行ったことないけど。想定外の美味しいチャーハンでした。ごちそうさま。

上海庭_上海料理_神保町_チャーハン04

最寄駅 都営・メトロ「神保町」(千代田区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 6

上海庭 神保町店上海料理 / 神保町駅竹橋駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★★ 4.0



食べログ グルメブログランキング 09:38 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR